fc2ブログ

ヘタレハイカー。

#6328


 2月某日。六甲全山縦走(西は須磨から、東は宝塚まで、六甲山系の尾根伝いにのびるハイキングコースです。コースの距離は公称56km、最も高い山は六甲山で、山頂の高さは931.3メートルです。)に挑みました。

 結果は見事敗退(笑)。

 速いハイカーだと一日で歩ききってしまうコースを僕は2日間で歩く予定という事もあって、舐めてかかったのが敗因。初日に8時前からの遅すぎた行動開始で、その後もダラダラ歩いてしまったのが悪かった・・・。初日に13kmしか歩く事が出来ず焦っても後の祭り。一旦下山し、ビジホで一泊。
 2日目は夜も明けきらぬ5時くらいからヘッドライトをつけての行動開始でしたが、結局六甲山頂でタイムオーバー。宝塚駅まで残り15kmの行程を残してDNFとなってしまった・・・。

レイヤリング

#6326


 
 昨年2月に伊勢を、12月には京都の3大峠(花脊、百井、芹生)峠をそれぞれロングライド。その際にはあまりに装備が貧弱だった為、寒すぎて伊勢は途中でリタイヤ。京都の峠は完走こそしたものの、その後風邪をひいてしまうという結果に終わった。

 自転車の難しいところは、走行時に汗をかくのでオーバーヒートしないように薄着で走るが、休憩時やペダルを踏まない下り坂ではしっかり着込まないと寒いという事だ。衣服による体温調節が非常に重要となる事を学んだ。

 かといってサイクリングウェアを購入するのは高くつく。コストパフォーマンスを考慮して、もう一つの趣味である登山と併用できるウェアを購入する。メルカリを利用したり古着屋を巡って、インナーダウンやフリース、ソフトシェルを手に入れた。

 2024年2月某日。

 天気は曇時々晴れ、外気温2度、風は強め。購入した装備を試す為に、自転車を漕ぎだす。
 レイヤリングを意識してベースレイヤー、その上にフリース、そしてソフトシェル。最初は肌寒かったが走り出すと自身の発熱量もあっていい感じに。スピードをあげていよいよ暑くなってきたらソフトシェルのベンチレーションポケットを開放してこもった熱量を放出する。休憩時にはポケッタブルのインナーダウンを広げてソフトシェルの中に着込む。・・・いい感じだ。汗冷えもせず寒くない。

 ・・・あとはグローブかな、登山用では薄かったのでオートバイ用の裏起毛のグローブを着用したが、汗をかくと指先が冷えるし乾かない。足元もやや冷える感じだが、あの変なシューズカバーはしたくないなぁ・・・。

カフェを覗く

#6325


 長浜の黒壁スクエアを見学。様々な趣向を凝らしたガラス細工に目を奪われる。
 中でもガラスで作られた細長い一輪挿しとそこに差してある造花ならぬガラスのカーネーションが美しかった。



RICOH GXR×Leitz summar5cmF2
長浜 2024.1