FC2ブログ

Vintage 1940’s horsehide boots

#5898


 行きつけの古着屋で5年前に購入。
 ちょっとサイズが大きいので、中敷きを入れて履いている。

 肉厚なレザーで、60年以上たった今でも現役。

2021.3何となく和歌山に行ってきました。その4

#5897

 国道311号線のシーサイドランを堪能した後は、42号線に戻り伊勢方面を目指すけれど、さすが和歌山と松坂をつなぐ主観道路。交通量も多くペースも遅くて、恐ろしい程退屈な道。嫌気がさして多気町から奈良方面へ進路変更しました。

 適当な県道を走りつないでいると、限界集落のような場所に出て、そこから更に林道を進むと、誰もいない野宿に適した空き地を見つけました。
 幸いにも明日も休みだから・・・、久しぶりのキャンプツーリングだから・・・とは思いましたが、いかんいかん、明日は次男のサッカーの送迎役を仰せつかているのだったと思いなおし、後ろ髪をひかれる思いでその場を後にしました。


 何となく和歌山に行ってきました。(了)


OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO

2021.3何となく和歌山に行ってきました。その3

#5891
#5892
#5896
#5893
#5894
#5895

 波の穏やかな熊野灘を右に見ながら国道42号線を尾鷲に向かって北上。天気も良くぽかぽか陽気、思わず眠たくなりました。眺めの良い場所を探して、熊野市から国道311号線へスイッチ。この311号線が気持ちの良いシーサイドロードでとてもいいんです。

 ちょうど昼時だったので防波堤で休憩。また野菜入りのラーメンを作って食べました。その後はごろっと寝転がって30分程昼寝。見上げた空が気持ち良い程青くて、ピントの合わない青空の底に吸い込まれるというか、見上げているのに落ちていくというか、そんな不思議な感覚に陥ります。

 新鹿湾に面した遊木集落で廃校を発見。子供たちの姿が見えなくなった校庭で咲く桜が、より一層静けさを物語っている様で、とても印象的でした。


OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF2.8 PRO

2021.3何となく和歌山に行ってきました。その2

#5888
#5889
#5890
#5884
#5885
#5886
#5887


 潮岬キャンプ場を後にして、串本大橋から紀伊大島へ渡りました。
 樫野埼灯台を見学したり、付近の漁村をふらふらしたり、時々オートバイを停めて写真を撮ったりと、のんびり走りました。


OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO

2021.3何となく和歌山に行ってきました。その1。

#5881
#5882
#5883

 3月後半に、和歌山迄キャンプツーリングに行ってきました。去年はコロナ禍の県をまたぐ移動自粛要請もあったから、キャンプは2回しかもできなかったですね。ほとんど荷物も持たずにオートバイを走らせる事が多かったので、今回、久しぶりにキャンプ道具や食材を入れたパニアケースを積むと、オートバイの取り回しが随分重く感じられました。

 ところでオートバイで行く和歌山ってとても面白いんですよ。

 最近でこそ高速道路が整備されて、まずまずアクセスしやすくなってはいますが、奈良から国道168号線や169号線など山間部を貫くルートを経由していくと、まだまだそこには国道ならぬ酷道が縦横無尽に伸びています。酷道とは深山幽谷に向かって蛇のようにくねくねした0.5~1車線の狭路が延々と続き、断続的に現れる路肩の崩落、落石、未舗装路に、このまま進むことをためらってしまうような道を指して言います。道中には廃屋、廃村、廃校、お地蔵さん、さびれた神社、鹿、猪、猪、猿、猿、猪、鹿も現れ、時には逃げる様にアクセルを開ける事もあります。こんな風に身体的にも精神的にも疲れさせてくれる酷道を走破するには、やはりオートバイのような機動力のある乗り物が一番で、逆にオートバイ以外では走りたくない道でもあります。

 この時は熊野本宮大社から本州最南端の潮岬迄走ってキャンプする予定でした。最短で行くなら、新宮方面にでて国道42号線を南下すれば済む話だったのですが、天邪鬼な僕は、田辺市方面から古座川町に入る国道371号線を選びました。この国道371号線がまさに酷道だったわけで、地図に乗らないような支線も多く、気が付くとどんどん山奥に向かって走らされていました。そのうちツーリングマップルをもってしても現在地を特定できなくなってしまい、日も暮れ始めた時には、さすがに冷や冷やしましたね。「この時代に一般道(一応)で遭難するか~。」みたいな。(笑)この時は時間的にも精神的にも余裕がなくて、写真は撮っていません。(苦笑)

 ちなみに和歌山では酷道425号線もメジャーですが、僕は断然「那智勝浦熊野川~本宮~古座川線」事、県道44~43~45号線がお勧めです。

 日が暮れた後に潮岬キャンプ場着。ヘッドランプの灯りを頼りにテントを立ててほっと一息。寝袋に下半身を突っ込みながら、とりあえず冷えた体を温めたいと、お湯を沸かしてコーヒーを飲むことしました。普段出番のないガソリンストーブを持ってきましたが、いちいちプレヒートが面倒でした。アルコールストーブは火力が弱くてなかなか沸かないし。やっぱりただのキャンプなら手軽なカセットガスのストーブ一択だなと思いました。

 そうそう、初めてサッポロ一番味噌ラーメンに、半額になってた袋詰めのカット野菜を入れて食べたのですが、野菜の甘味との相性が良く、想像以上に美味しかったです。

 あとは冷凍食品の餃子を焼いて、幸せの餃子定食の出来上がり。僕の定番のお手軽キャンプ飯です。