FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

夏、瀬戸内海にて。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5471

 「大丈夫ですか、○○さん最近元気ない気がします。Tともそう話してたんです。」
 可愛い後輩女子達から言われてビックリした。普段あんまり会話を交わさない女子達だったから。(僕は若い女子が苦手だ。)

 顔に出てんのかね、イケナイイケナイ。
 ありがとうね、いつも遊ぶことしか考えてないようなおじさんにも、色々あるんだよ。実は。



RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S

竜ヶ岳を登ってきました。その2

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5447

#5448

#5449

#5450

#5451

#5452

#5453

#5454

#5455

#5456

#5457

 朝9時、滋賀県と三重県の県境にある石槫峠より登山開始。天気は良いものの風は冷たかったので厚着で臨みましたが、登り始めから急登で、すぐに汗だくになりました。訪れる登山客が多いのか踏み後もしっかりしていて迷う心配は無かったです。木々はすっかり色づいており紅葉半ばでした。
 尾根に出ると、見晴らしはよく伊勢湾は勿論、遠くは南アルプスまで見渡すことが出来ました。稜線は竜ヶ岳の山頂まで緩やかに伸びており、まるで青空へ向かって伸びていくエンジェルロード。夢のような稜線歩きが楽しめました。
 
 11時前に山頂に到着。SOLのエマージェンシーブランケットをシート代わりに地面にひいて少し早目の昼休憩。山頂には平日にもかかわらず沢山の登山客で賑わっていました。

 青空の下で食べるカップヌードル、美味しかったなぁ。



SONY DSC-RX100M4
RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S

15:04、白川通りにて。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5445



RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S

落日

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5443



RICOH GXR×Ai Nikkor50mmF1.2S

秋の夕暮れ

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5442

 マニュアルニッコール、35mmのF1.4。僕が一番大好きなレンズ。解放では暴れるしボケは煩雑。パープルフリンジが出たりもするけど、絞り込んでも優しい写りで諧調も豊かなのがお気に入り。

 手放したことを後悔して今年の春に買いなおしたのだけど、大阪のとあるカメラ屋Yで随分程度の悪い「極上品」を掴まされてしまった。(曇り有のごみがこれでもかと入った状態で極上品とうたっていた。実写では絞り込んでもソフトフィルターをかましたように、もやっとした写りだった。勿論そんな説明は一切なかったのでクレームを入れると、だったら店まで来て買えと言われたのだが、だったらネット販売するなバカと怒鳴り返してやったが何の解決にもならなかった。)これだからネットショッピングは怖い。

 昨日、行きつけのカメラ屋で同じく35mmが売っていたので、自らの目で値札通りの良品である事を確認して買いなおした。下取りに出した35mmの程度を確認したら勿論、店員さんは「うちの店では並品以下です。」と笑顔でおっしゃった。

 大好きなレンズなのに、僕の納得いかない気持ちを表しているかのようなもやっとした写りで、本当にイライラしていたので、よかったと思う。



RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S