旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

阿闍梨餅

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4195

京都の名菓の一つである阿闍梨餅。
嫁さんの好物なので時々買って帰るんだけど、その時の喜び様が結構すごいので機嫌を取りたい時は多めに買って帰る。

明日から家族旅行に出かける予定なので、blogは少しお休みします。
今年の夏は曇り空や雨が降る日が多くてパッとしない日が多いのだけど、せめて旅行期間中は晴れてほしいなぁ。



RICOH GXR/G.ZUIKO AUTO-W35mmF2.8

夜の交差点

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4194

郷里の幼馴染がお見合いの為に、よく京都までやってくるようになり、その帰りに二人でちょくちょく飲むようになった。

何十回のお見合いの末、ようやく馬が合う女性と付き合い始めたようだが「結婚することが目的のお見合いだから、その人の事を本当に好きだかどうだかわからない。」と幼馴染はため息交じりに漏らした。

「相手だって俺の事好きなんだかどうだか・・・。」と言いながら、あの時こう言えばよかったとか、あーすればよかったとか言いながら、時々なるメールの音に一喜一憂している幼馴染を見て、僕は「始まりはどうであれ、それってもう恋愛してるんじゃないの?」と思ったんだけど。



RICOH GXR/G.ZUIKO AUTO-W35mmF2.8

下賀茂納涼古本まつり

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4193

京都では各季節毎に、古本祭りがおこなわれるんだけど、その中でも最大規模なのが、夏に下賀茂神社で行われる「下賀茂納涼古本まつり」です。

昼過ぎから参加して3時間くらい粘りましたが8月の炎天下の中、約80万冊の古本を相手に、お気に入りのものを見つけるのはなかなか体力が要ります。他のお客さんも団扇を片手に、汗だくになりながら本を選んでいましたね。

僕はお目当ての本を見つける事は出来ませんでしたが、好みの本を2冊購入しました。

何を購入したかは書きません。自分の読む本の傾向を知られるっていうのは、性癖を知られるのと同じくらい恥ずかしい気がするのは僕だけでしょうか。



RICOH GXR/G.ZUIKO AUTO-W35mmF2.5

瀞ホテルに行ってきました。その5

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4189

#4190

#4191

雨が降っていないうちに少しでも距離を稼ぐ為、空腹を我慢しながら、必死にオートバイを走らせました。
が、走り出して30分もしないうちに雨粒がヘルメットのシールドに落ち、滲みのように広がり始めます。

機上から恨めしく空を見上げると進行方向は雨雲が切れていて、青空が垣間見れました。
「多分にわか雨だろう。」と、空を塞ぐように大きく伸びた木々の袂にオートバイを寄せて、雨をやり過ごします。

ヘルメットを脱いで、ライダースのポケットの中でぐちゃっと形の崩れた煙草を取り出し、火をつけました。
車通りの殆どない薄暗い峠道の中に煙草の紫煙が、うっすら浮かび上がりました。
それを見ながらぼんやりするのが僕の幸せな時間です。

この一本を吸う事で、ごちゃごちゃした頭の中を一旦リセットできて、次の事を考えられるようになります。
禁煙外来の先生には「それは錯覚です。」と散々言われましたが、いったん手を停めて、煙草を吸うと気怠くなって、ぼんやりその作業の行程を振り返ったり、次の行程について考える時間ができるのは、やはり煙草あっての事なのです。
煙草を吸う人は、それで1日のリズムを作っていると思います。

嫌煙ブームが広がり、何かと肩身の狭い思いをしながらも、「やはりこの1本は止められない。」
ずっとそう思ってきたのだけど、事情があって、泣く泣く禁煙せざるを得なくなりました。

翌日から禁煙外来に通う予定になっていたので、たぶんこれが最後になるだろうと、女々しくも写真に1枚撮りおさめる事にしました。

煙草を2本ほど吸っている間に、雨は止んで青空が広がり始めました。
自宅までの距離はまだまだありましたが、オートバイの付属している時計は16時を少し回っていました。

それを見ながら「うぉっし。」とひとり呟きながら、煙草の火を消して、オートバイに跨りました。



RICOH GXR/G.ZUIKO AUTO-W28mmF3.5

瀞ホテルに行ってきました。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4187

#4184

#4185

#4186

#4188

瀞ホテルを後にして、次に向かったのは瀞ホテルと同じ十津川村にある玉置神社。

玉置神社は先の国道169号線から分岐する細い山道を延々と走った先にあります。標高1076mの玉置山のほぼ山頂に位置する本殿は欅材の入母屋造りで、長年の風雪に耐えたその貫録が訪れた者を圧倒します。

また本殿裏にある樹齢3000年ともいわれる神代杉もまた、力強いまでの太い幹と、天に向かってまっすぐ伸びる感じが美しく、見応えがあります。

とても素晴らしい神社でしたが、駐車場から本殿までは参道を徒歩20分ほどかけて歩かねばならず、ハヤシライスを食べ損ねた僕は、空腹と暑さで疲労困憊でした。

参拝を終えて駐車場に戻るとどうやら雲行きが怪しい。
一雨来そうな空模様でした。



RICOH GXR/G.ZUIKO AUTO-W28mmF3.5
SONY DSC-RX100M4