FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

家族でしまなみ海道をサイクリングしてきました。その5

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5264

#5265

#5266

#5267

#5268

 2つめの島、因島。因島大橋を渡ってすぐにある記念公園で嫁さん、長男と無事に合流しました。先ほどまで降っていた雨も止み、ここで嫁さんとバトンタッチ。嫁さんが自転車に、僕が車に乗り込みます。

 今回のしまなみ海道サイクリングは1泊2日と余裕を持たせた行程になっていて、車でのサポート付き。ここまでしなくても、皆でサイクリングでもよかったのですが、敢えてそうしなかったのには理由があります。それはやはり子供達の体調を気にかけての事でした。

 6年前の夏、僕と長男のみでしまなみ海道サイクリングをした時は、向島で車をデポ。2人で自転車をレンタルし、今治を目指しました。当時小学1年生だった長男でしたが、思いのほか体力があって順調なペースで進んでいました。ひとつ、またひとつと島を渡っていくうちに「これは1日で今治まで行けそうだな。」と僕は思っていました。
 ところが、事件は4つ目の伯方島で起こります。大三島大橋を渡って、ゆるい坂道を駆け下った時、「気持ちいいな~。」と後ろに続く長男に声をかけたところ、返事がないので振り返ってみると・・・。

 長男は目の焦点が合わず、ボーっとした表情でハンドルを握っていました。意識は明らかに半分とんでいました。坂道でスピードも出ていた為、このままでは車道に飛び出すか大転倒は免れません。最悪の事態が浮かんできて僕の頭の中はパニック状態でした。
 僕は半狂乱になって、何度も何度も大声で長男に呼びかけました。 何度呼びかけたか覚えていませんが、突然しらふに戻った長男はびっくりして急ブレーキをかけ、結果スリップでの軽い転倒で済みました。

 症状的には明らかに熱中症でした。適度に休憩はいれていましたし、気を付けて水分はたくさん取らせていましたが、それでも夏の暑さにはかないませんでした。近年の夏の暑さは暴力的でもはや命の危険すらあると言っても過言ではありません。それと小さな子供はやはり自分の体力の限界がわからない為、親がしっかりと見守って気付いてやらなければならないのだと痛感しました。

 たまたま目についた民宿の看板に電話して、飛び込みで一晩お世話になりました。親切な民宿の人たちは直ぐに冷房の効いた部屋に布団をひいてくれました。宿に着いてからも何度か嘔吐を繰り返し、しんどそうに眠っている長男を見るのがとてもつらかったです。

「これは1日で今治まで行けそうだな。」なんて思っていた自分の愚かさを激しく責めました。

 その失敗を反省しての、今回。家族に何かあってもすぐに駆けつけることが出来るし、対応もできます。もう心配はありません。「僕らは必ずしまなみ海道を制覇する。」そう確信していました。

 それにしても、あの時よりずいぶん大きく逞しくなった長男。大人用のロードバイクを駆って常に先頭に立ち、僕がいなくても地図を読んで嫁さんと次男をけん引していきます。

 「きっと今の長男ならこんな心配しなくても1日のうちに走りきってしまうのだろうな。」、車窓から彼を見ながら、僕はそう思いました。

#5269
6年前の長男。大三島にて。
次男と同じヘルメットを被っています。熱中症にやられながらも、翌日には体調を取戻し、見事今治まで完走しました。


OLYMPUS OM-D EM-1/LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH
RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S
Leica M6×Voigtländer NOKTON classic35mmF1.4   Kodak ProFotoXL100

夏、夕暮れの公園で。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5200



Leica M6×Voigtländer NOKTON classic35mmF1.4   Kodak Tri-X
2012.7

海辺のディフェンダー

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5151

 車に興味がないかと言われれば、決してそんなことは無い。むしろ喉から手が出るほど欲しい。とはいっても欲しい車は現行車ではなく殆ど年式の古い車ばかり。手がかかりそうな車ばかりなので手が出せないでいる。(オートバイで散々懲りているしね・・・。)

 そうは言っても、この本に出会ってしまってからは、ますます欲しくなる一方で・・・。困ったものです。



Leica M6×Voigtländer NOKTON classic35mmF1.4   Kodak ProFotoXL100

シーズン前の海の家

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5143



Leica M6×Voigtländer NOKTON classic35mmF1.4   Kodak ProFotoXL100

海辺の景色

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5142



Leica M6×Voigtländer NOKTON classic35mmF1.4   Kodak ProFotoXL100