FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

ウインドサーフィン2

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5294



SONY DSC-RX100M4

ウインドサーフィン

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5292

 36度の炎天下、必死になってMTBを漕ぐ。顔も二の腕も日焼けで真っ黒。1Lの水筒に入れた水は直ぐに飲みほしてしまい、自販機でスポドリを追加購入。
 汗だくになりながらペダルを漕ぎつづけ、ようやくたどり着いた琵琶湖岸では、僕と同じように真っ黒に日焼けした人達がウインドサーフィンを楽しんでいた。(こちらは涼しそうだったけど・・・。)



SONY DSC-RX100M4

MTBでアドレナリン出まくり。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5253

 最近は暇さえあれば国土地理院の地形図を見てMTBが楽しめそうな場所を探している。ショップのイベントに参加したりすれば、いいトレイルを教えてもらえるのだけど、知らない人達と行動するのは苦手だし、何より地形図を眺めて自分だけの場所を探すのも楽しくなっている。

 写真は自宅からそう遠くない場所のO山山頂。その手前の、もう一つのO山から縦走する形でMTBを走らせた。とはいっても勾配がきつかったりガレ場が混在している登山道だったので、MTBをまともに走らせる事が出来たのは全行程の20%程度で、後は押したり担いだり。等高線の間隔で見ると勾配が緩やかな区間も結構あったので、もう少し乗れそうだと思ったのですが、僕の未熟な腕では中々・・・。内容も散々で、道を塞いでいる倒木の隙間を引きずってMTBを通したり、スズメバチの飛び回る中を一気に駆け下ったり(その後大転倒しました。)坂道で足を滑らせてMTBを抱えたまま転げ落ちたりと悲惨な状況でしたが、不思議と楽しかった。

 まだまだ上手く乗りこなせないし、普通に登山するより疲れるし、結構危険だし。だけどその分、アドレナリンが出まくりで充実感が半端ない。これは中毒になりそう。

鳥取~但馬漁火ラインを走ってきました。その14

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5170

#5171

#5172

#5173

#5174

#5175



RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4
SONY DSC-RX100M4

鳥取~但馬漁火ラインを走ってきました。その11

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5162

#5163

#5164

#5165

#5166

#5167

#5176

#5177


オートバイでその真下まで行ける餘部灯台と日本海がホーム前に広がるJR山陰線鎧駅。


RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4
SONY DSC-RX100M4