旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

大津(1)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1883

#1884

#1885

大津(1)



RICOH GXR+GR LENS A12 28mmF2.5
滋賀・大津 2013.5

大津(2)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1886

#1887

#1888

大津(2)


Konica C35FD Hexnon38mmF1.8 Kodak GA(モノクロ変換)
Nikon F2+Ai-S Nikkor35mmF1.4 FIJICOLOR SUPERIA X-TRA400(モノクロ変換)
滋賀・大津 2011.11

大津(3)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1889

#1890

#1891

大津(3)



CONTAX Aria+Carl Zeriss DistagonT*2.8/28 Kodak 400TX
OLYMPUS OM-1+ZUIKO AUTO-MACRO50mm3.5 Kodak GA(モノクロ変換)
2012.4

大津(4)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1892

#1893

#1894

大津(4)



Nikon F2+Ai-S Nikkor35mmF1.4 FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400(モノクロ変換)
Konica C35FD Hexnon38mmF1.8 Kodak GA(モノクロ変換)
大津市 2011.11

大津(5)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1895

#1896

#1897

大津(5)

よく晴れた休日。僕は路面電車へ乗って大津市へ行きました。
特に何を見たいわけでもなかったので、気の向くまま適当な駅で下車。あとは足の向くままに散歩。

大津という街はとても面白いところで、京都の先斗町を思わせるような町屋が並んでいる通りもあれば、廃れた歓楽街もあり、少し足を延ばせば、比叡山延暦寺や日本一大きな湖、琵琶湖があります。それは被写体の宝庫で、決して飽きることのない街でありました。
僕は胸の前で心地よく揺れる二台のカメラで、時々立ち止まっては目に留まったものを撮りました。

夕暮れ時、琵琶湖沿いの歩道を歩けば、釣り糸を垂れる人、自転車を漕ぐ人、犬の散歩をしている人、湖上に浮かぶ船を静かに眺めるカップルなど、思い思いに自分の時間を過ごす人たちがそこにいました。

僕もまたその中に入って、夕焼けに染まる湖面を何枚か写真におさめました。

大津(了)



Konica C35FD Hexnon38mmF1.8 Kodak GA