FC2ブログ

ふらふら直島(6)

#2427
家プロジェクト「護王神社」へ向かう途中、高原城跡から本村港を見渡す。
護王神社の仕掛けはとても面白かった。

#2428
本村より直島の南側を走る。
南側にはベネッセミュージアムや地中美術館があるのだけど、後輩が楽しみにしていたのは、この黄色いかぼちゃ。

#2429
この日はよく晴れていたけれど風が強く、水面も激しく揺れていた。
寄せては返す波のタイミングを見計らって、何枚もシャッターを切った。

#2430
島の西岸をまわって宮浦港へと戻る。
写真を撮りながらでも、5時間もあれば十分一周できる小さな島だった。
帰りのフェリーの発着時間まで少し時間があったので、宮浦の集落をぶらぶら。

どこの路地もそうだけど、そこに住まう人々の生活を強く感じる事が出来て、僕は路地散策が大好きだ。
#2431
直島サイクリングの最後に再び、直島銭湯前へ。


RICOH GXR/ズイコー35ミリ・フォクトレンダーUWH
香川・直島 2014.12

ふらふら直島(7)

#2432

フェリーの中から、薄汚れた窓越しに最後の一枚。
時刻は16時を少し回ったころだというのに、窓の外では夕日が沈みかけていた。

「冬は日が暮れるのが早いねぇ。これが夏だったら、もう一本フェリーを遅らせてゆっくりしていけるのにな。」
僕の隣で、後輩も窓の外を見ながら少し残念そうに言った。

ファインダーから目を離して辺りを見渡すと、朝のフェリーで見かけた顔がちらほら。
乗船客の殆ども、やはり目を細めて、瀬戸内海の夕日を見ていた。

ふらふら、直島(了)


RICOH GXR/ズイコー35ミリ
香川・直島 2014.12