旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

能登半島に行ってきました。その1

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2511

1月末、僕は能登半島にいた。

羽咋から輪島へつ続く国道249号線から逸れて、寂しいだけの県道を抜けると上大沢集落。
集落の街灯が灯りはじめる頃、上大沢の散策を終えて、輪島方面へと車を走らせた。

アタケ岬へと続く海岸線は右へ左へと曲がりくねっており、辺りの夕闇も手伝って先が見通せなくなっていた。
車のヘッドライトを頼りに慎重にハンドルを握る。
だけどそんな心配をよそに、対向車と出会うことは全くなかった。

日本海から吹き付ける風は強く、僕の車を揺らして、時折ハンドルが振れる。
岸壁に打ち寄せる波は荒々しく、打ち寄せるというよりは自らその身を叩きつけているという表現の方が適切に思えた。

適当な空き地を見つけて車を停める。
僕はジャケットのファスナーを首元までしっかりあげると、カメラを携え車を降りた。
辺りには腹の底に響いてくるような波の音と、僕の歩調に合わせてブーツの底が砂利を踏みしめる音だけ。

錆びついたガードレールに大腿部を擦り付けてファインダーを覗きこむ。
300ミリ、ISO1600の絞り解放でSS1/15。辺りの暗さから考えて、まともに撮れる気はしなかった。

それでも波しぶきに向かってレンズを向ける。
ジャケットのポケットで温められていた手は、湿気を含んだ風にさらされるとすぐに冷たくなって、とても痛かった。


OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル40-150ミリ
石川・輪島市   2015.1

能登半島に行ってきました。その2

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#2512

#2513

#2514

#2515

#2516



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
石川・羽咋市 2015.1

能登半島に行ってきました。その3

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2517

#2518

#2519



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
石川・羽咋市 2015.1

能登半島に行ってきました。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2520

#2521

#2522



OLYMPUS OM-D EM-1 12-40ミリ
石川・羽咋市 なぎさドライブウェイ 2015.1

能登半島に行ってきました。その5

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2523

#2524

#2525



OLYMPUS OM-D EM-1 12-40ミリ
石川・羽咋郡 福浦漁港・旧福浦灯台
輪島市門前町
2015.1