旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

ふらり、本島(1)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#1991

ふらり、本島(1)



OLYMPUS PEN-FT+F.ZUIKO AUTO-S38mmF1.8 Kodak SG
本島へ向かう船内にて 2014.2

ふらり、本島(2)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

ふらり、本島(2)

#1992

瀬戸内海に浮かぶ大小28の島々からなる塩飽(しわく)諸島。
激しい潮流が湧くところからその名前の由来だそうです。

今回、そのひとつ、本島へと向かいました。

本島へのアクセスは、香川県の丸亀港から、もしくは岡山県の児島観光港から。
どちらも所要時間は30分ほどです。

僕は車で児島へ向かい、そこから乗船しましたが、港には駐車場もありました。

#1993

島へ渡ると、自転車をレンタルすることができます。
一日500円、電動自転車は少し高めの1500円。チャイルドシート付の自転車もありましたよ。
島をぐるりと一周しても約12km。
ゆっくり観光しながら周っても半日ほどの行程でした。

#1994

東回りで本島一周サイクリング開始。
海岸沿いに、瀬戸大橋を見ながら走ります。
交通量はほとんどなく、ゆ~っくりとペダルを漕ぎます。

ポカポカ陽気に、一足早い春の訪れを感じました。

#1995

新在家海岸で、置いてあるのか、捨ててあるのか、椅子を発見。
瀬戸大橋を見るには特等席だなぁと思ってみたり。

#1996

笠島集落へと向かう途中にあった磨崖仏。
最近の僕のマイブームです。いろんな表情があって、見てると楽しいんですよね。



OLYMPUS PEN-FT+F.ZUIKO AUTO-S38mmF1.8 Kodak SG
Nikon F2+Ai-S Nikkor35mmF1.4 Kodak SG
香川・本島 2014.2

ふらり、本島(3)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

ふらり、本島(3)

#1997

本島を自転車で周っていると時々目にするのが、手作り感あふれるカラフルな看板や案内板、ベンチ。
特にベンチは色々種類があって、それを見るだけで心が和んで面白かったです。

#1998

笠島地区に入って、見かけたのが小学生の群れ。皆必死になって走っていました。
マラソン大会かなぁと思いながら、横腹をおさえながら歩いている子に「何してるの?」と聞いてみました。
息を切らしながら真っ赤な顔をしたその子は、いきなり声をかけた僕にも臆する事無く、「うん!みんなで競争してるの!」と元気よく答えてくれました。

#1999

笠島地区にて。
古い街並みに丸いポストは定番の組み合わせですね。
この通りは「まっちょ通り」と言います。「町通り」がなまってそんな名前になったんだとか。
何枚か写真に撮りましたが、コマ被りを起こしておいて、まともなのがこれだけ・・・。あらら。

#2000

まっちょ通りから少し離れたところにあった尾上神社。
シンメトリーな構図にひかれて一枚。
ここの境内横から遠見山展望台に向かって階段を上がること10分。先ほどの小学生と同じように息を切らしながらひたすらに上ると、嫌気がさした頃に到着。
眼前には穏やかな瀬戸内海が広がっていて、それを見ていると少しずつ乱れた呼吸が整っていきます。
案内板には「笠島の街並みが一望」とか書かれていたけれど、背の高い木々が多い茂って、直下に見下ろすことはできませんでした。

#2001

展望台からまっちょ通りへ戻ります。
通りに人気はなく、畑で焚火をしているおばあちゃんに挨拶をします。
まっちょ通りには立派で大きな屋敷がところどころに見受けられ、「往時には栄えたんだろうなぁ。」いう印象を受けました。


OLYMPUS PEN-FT+F.ZUIKO AUTO-S38mmF1.8 Kodak SG
Nikon F2+Ai-S Nikkor35mmF1.4 Kodak SG
香川・本島 笠島地区 2014.2

ふらり、本島(4)

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

ふらり、本島(4)

#2002

笠島地区で、と言うより本島全域でよく見かけたのが野良猫。

#2003

軒下で日向ぼっこしている猫や通りを自由に闊歩している猫。
皆自由でした。

#2004

足元を猫が行く幸せ。

#2005

笠島地区を後にして北へと自転車をさらに走らせます。
ここからアップダウンがきつくなってきました。

屋釜海水浴場にて休憩。シーズンオフの海水浴場には人気はなく。
「お腹すいたなぁ・・・。」

ハングアウトと言う言葉があるくらい、自転車はお腹がすきます。

#2006

食堂を探しながら海沿いに自転車を走らせますが、食堂、コンビニはもちろん、個人商店も見かけません。
後で知ったことですが、本島全体で個人商店は4つ。食事ができるところもそれくらい。

古民家を改装したcafeなんかもありますが休日のみの営業で、食事ができる場所は限られていますので注意が必要です。

空腹のまま、ひたすらペダルを漕ぎます。


OLYMPUS PEN-FT+F.ZUIKO AUTO-S38mmF1.8 Kodak SG
香川・本島 2014.2

ふらり、本島(5)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

ふらり、本島(5)

#2007

穏やかな瀬戸内海の景色を右に、自転車を漕ぎます。
また勾配のある坂道を超え下ったころには、空腹具合も頂点に。

フラフラ、自転車を漕ぎながらようやく見つけた集落。

細い路地は迷路のように走っていて、ちょっとした探検気分を味わえます。

福田港周辺にて。

#2008

路地の先にようやく個人商店らしきものを発見。とはいっても看板も何も掲げてはいないこの商店。
薄暗い店内を恐る恐る覗き込んでみると、日用品から食料品が乱雑に積まれていました。入り口には野良猫が群れを成しています。

「なんや?買い物か?」と中から太い声。
中から出てきたのは強面のおばちゃん。
僕が店に入ろうとすると、おばちゃんの足元をすり抜けて店の中に入っていく野良猫たち。

田中商店にて。(名前はあとで知りました。)

#2009

インスタントラーメンを買って、おばちゃんにお湯を注いでもらう。
どうせなら海辺で食べようと、自転車を置いてそのまま海辺までラーメンを持って歩く。

ここで防波堤に腰掛け、瀬戸内海を見ながらラーメンをいただきました。
ふふふ、いい感じでしょ?


OLYMPUS PEN-T+F.ZUIKO AUTO-S38mmF1.8 Kodak SG
香川・本島 2014.2