FC2ブログ

美山・堀越峠に行ってきました。その4

#2843

#2844

#2845

#2846

#2847

酷道477号線より府道38号線へスイッチ。一路美山を目指す。
38号線沿いには茅葺の家屋、古民家、廃墟、おしゃれな別荘、スポーツ施設などが入り混じった不思議な光景が広がる。



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
2015.9

美山・堀越峠に行ってきました。その6

#2853

#2854

#2855

#2856

#2857

重そうに首を垂れる稲穂
畑一面を真っ白に染めるそばの花
路肩で優しく風に揺れるコスモスとススキ

箱庭のような集落、美山には、秋がたくさん詰まっていた。



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ・40-150ミリ
2015.9

美山・堀越峠に行ってきました。その7

#2858

#2859

#2860

以上3枚、堀越峠にて


8月下旬から9月初旬にかけてパッとしない天気が続いていましたが、この日は朝から爽やかな秋晴れで、とても気持ちよく過ごせた一日でした。
いつも以上に周山街道の交通量は多く、オートバイもたくさん見ました。美山は大勢の観光客で賑わっていました。

周山街道から脇道にそれて堀越峠に入ると、一転人気は無くなり、静かな森の中にトコトコ、僕のカブの排気音だけが響きます。
堀越峠は未舗装路で天候によって路面状況が変わりやすい悪路です。また土砂崩れや落石も多いようで、走行には十分な注意が必要です。

90ccの非力なエンジンが苦しそうな音を立てながら急勾配の坂道を登っていきます。僕のカブは3速ですが、2速でも苦しい場所があるとシフトダウンから足を後ろに蹴りだして、二人三脚で進みました。
チャチなサスペンションは段差のショックを吸収する事ができず、僕の坐骨をガンガン痛めつけてくれます。峠の中腹から展望を期待しましたが、うっそうと茂った木々に遮られてほとんど何も見えませんでした。

適当なところでカブを停めて一服していると、一匹の鹿に遭遇しました。鹿はしばらくこちらの方を見ていましたが、僕が休憩を終えてカブのエンジンをかけた途端に急峻な坂道を駆け下って、薄暗い森の中に消えていきました。

美山・堀越峠に行ってきました。(了)



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ・40-150ミリ
2015.9

棚田の秋

#2861

シルバーウィークは半分仕事だったけど半分は休みを貰えたので、そのすべてをカメラを持ってツーリングにあてました。(暇人ですいません。)
とは言っても、相棒は修理から帰ってないので(もう2か月が経過しているので、そろそろ返していただけると嬉しいのだけど・・・。)やっぱりカブで近場をうろうろしていました。

ニュースで各地の混雑ぶりや高速道路の渋滞状況を聞いて、これはこれでよかったのかと。

それにしてもビックリしたのが、季節が巡る早さ。
上の写真のちょうど一週間前がこちらの記事の4枚目。

同じ場所で撮影したのですが、曼珠沙華が一週間でこんなに成長していました。

長袖を着てカブに乗っていても夕暮れ時は肌寒いし、日ごとに秋が深まっているのを実感する今日この頃です。



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ PL
仰木 滋賀   2015.9

鴨川の夕暮れ

#2862

撮りたい気持ちはあった
御所から清水寺までずっと歩いた 
一日かけて黙々と歩き続けた

何度も何度もファインダーをのぞいたのに
どこもかしこも何かが足りない気がして一枚も撮れなかった

お気に入りだったこの道は キミとの思い出が多すぎる


RICOH GRDⅢ
京都 2011.12

かぎやのみたらし団子

#2863

#2864

#2865

#2866

#2867

滋賀県大津市唐崎にあるみたらし団子屋さん「近江かぎや」。
お店は唐崎神社鳥居の真正面にあります。

店内には10人も座ればいっぱいになりそうな長テーブルが一つだけ。みたらしは注文を受けてから目の前で焼いてくれます。
みたらし団子は、以前、下賀茂神社近くのみたらし茶屋でも戴きましたが、それとはまた違う色艶で、アツアツを戴きました。

食べた後は唐崎神社を参拝。
境内からは琵琶湖が一望できます。また、近江八景のひとつ唐崎の霊松は見応えありです。

備え付けのベンチに座って琵琶湖を見渡すと、水平線の上に広がる空は高くて、もうすっかり秋の空でした。


RICOH GXR/ズイコー28ミリ・フォクトレンダーUWH
2015.9