旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

大和郡山(1)

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#3080

ある晴れた2月。
僕は首から2台のオリンパスをぶら下げて、大和郡山の街を歩いてきた。



OLYMPUS PEN-FT/ズイコー38ミリ   Kodak ProPoto XL100
2016.2

大和郡山(2)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3081
箱根館「紺屋」前にて

3082.jpg
紺屋町(写真左)には藍染職人が染め上げた布や糸をさらした掘割が今も残る。
柳町通り(写真右)は賑やかな商店街。細い道路なのに車の往来が激しく、歩きにくかった。

3083.jpg
柳町通りにある本家菊屋。
御城之餅(粒飴を餅で包み、きな粉をまぶしたもの)が有名。

3084.jpg
大和郡山市役所

3085.jpg
郡山城跡



OLYMPUS PEN-FT/ズイコー38ミリ   Kodak ProFoto XL100
2016.2

大和郡山(3)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3086
郡山城跡では梅が満開に。盆梅展もやっていた。
春は桜の名所として、つとに有名。

#3087
郡山城跡内にある柳沢神社。

#3088
永慶寺

#3089
永慶寺

#3090
郡山城跡から南へ徒歩15分の芦ヶ池付近。ここからが今回の本題。


OLYMPUS OM-1/ズイコー28ミリ   Kodak ProFoto XL100
OLYMPUS PEN-FT/ズイコー38ミリ   Kodak ProFoto XL100
2016.2

大和郡山(4)

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#3091
近鉄郡山駅より南の西岡町・新木町付近一帯では金魚の養殖が盛んに行われている。

#3092
畦道から遠目に見ると、なんでもないただの水田に見間違えそうだけど・・・。

#3093
間近に見るとこんな感じ・・・。これ、全部金魚です。

ちょっとエグイ。



OLYMPUS OM-1/ズイコー28ミリ   Kodak ProFoto XL100
OLYMPUS PEN-FT/ズイコー38ミリ   Kodak ProFoto XL100
2016.2

大和郡山(5)

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#3094

#3095

#3096

以上3枚、郡山金魚資料館。
今回の撮り歩きで、僕が一番来てみたかった場所。

ここでは養殖は勿論、販売、金魚に関する古書や錦絵の展示もされている。

ちなみに写真に写っている金魚はすべて高級金魚で、一匹2000円から10000円以上。
僕は出目金とそうでないものとの違いしか分からないのだけど・・・。



OLYMPUS PEN-FT/ズイコー38ミリ Kodak ProFoto XL100
2016.2

大和郡山(6)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3097
柳町通り

金魚資料館を後にして再び柳町通りへ。
レトロな街並みに被写体が一杯。

#3098
柳町通り

#3101
柳町通り
「猫占い」・・・窓から顔を出した猫の数で占う。5匹すべて顔を出せば大吉らしい。僕の時は4匹(一匹だけどうしてもファインダーに収まらなかった。)だったので中吉。

#3099
柳町通りのひな人形

#3100
源九郎稲荷神社のひな人形

ひな人形を撮っていると、住職さんが声をかけてくださったのでしばし会話。
この時期になると大和郡山では雛祭りが開催され、街のあちこちにひな人形が飾られるのだとか。写真のひな人形の他、100年以上前に作られたひな人形も展示されていたのだけど、現在のもとと違って、もっと顔が小さくスリムらしい。
寺社の奥にそれが飾られていたが、なるほど顔立ちが細長くあっさり。こちらの方が端正で高級感があるように感じた。
こちらも写真におさめたかったが、陽が届かず、ISO100のフィルムでは撮れなかった。

大和郡山の雛祭りは現在開催中で、3/6まで。(あ、今日で終わったんですね・・・。汗)



OLYMPUS OM-1/ズイコー35ミリ・50ミリマクロ   Kodak ProFoto XL100
2016.2

大和郡山(7)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3102

久しぶりにフィルムカメラのみを持って撮り歩きをした。

ちょうどこの日は2月にもかかわらず春の陽気を思わせる暖かい1日で、優しく写るオールドレンズ&フィルムの組み合わせがピッタリだった。

大和郡山の街は、郡山城跡の他、薬園八幡宮や源九郎稲荷神社、柳沢文庫など寺社巡りもできる他、金魚資料館などもあって、撮り歩きのコースとしてはとても楽しいところであるように思う。

8月には金魚すくい選手権が行われるそうなので、その時期にまた訪れてみたい。

大和郡山(了)


OLYMPUS OM-1/ズイコー28ミリ Kodak ProFoto XL100
2016.2

やっと帰ってきたオートバイ

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3103

#3104

#3105

 僕のオートバイが走行中に「キュッキュ」とホーローを濡れた指で擦った様な異音を出すようになり、それがどんどん酷くなったのが、淡路島ツーリングでの出来事。異音の原因はメーターのグリス切れによる摩擦だった。おまけにオドメーターもスピードメーターも狂っていたらしい。

 実は前回の車検時に、以前お世話になっていたバイク屋でメーター修理に出しているのだが、直っていなかったようだ。
 去年から数えて5回目の入院となったが、その不調のほとんどは、以前から予兆が見られていたもので、バイク屋さんに何度か説明したのだけれど「古いバイクやから。」とか「わかってないやつがそういう事よく言いよる。」などと、取り合ってもらえなかった。
 そのバイク屋はたぶん関西では古いBMWを得意としているバイク屋として、そこそこ名が知れていると思われるが、3年間通ってその店主のいい加減な仕事ぶり(なのに、ディラーの整備士の仕事をけなしまくる。)と、あまりにも横柄で自己中心的な態度(なのに事故ったとたんにblogで毎日女々しい記事を書いてる)に嫌気がさして、その車検以降、連絡を取っていない。

 今は専門店ではないけれど、真面目でしっかりと整備してくれる近所のバイク屋さんでお世話になっている。そのバイク屋さんには以前のバイク屋の尻拭いをしてもらっているような気がして、本当に申し訳ない気がしている。


・・・
 

オートバイを引き取りに行って、そのまま、ぶらりとツーリング。気温も春の陽気を感じさせるような暖かさ、今日はパニアケースもつけてないし、メーターからの異音も消えて、心なしかオートバイも軽く感じる。

 細くうねった山道を抜けて、展望が開けたところで小休止。春の陽気といっても山間の道は陽がささず、立ち止まると震えが止まらない。かじかむ手で煙草に火をつけて、煙を空に向かって吐き出すと、青空を遮ることのできないか細い桜の枝。まだつぼみは固く閉じたままだけど、あと数週間で、青空に負けないぐらいの鮮やかさで僕らの視界を埋め尽くすだろう。

 オートバイに乗り始めて21回目の春がくる!



RICOH GXR/50ミリ
2016.3

旅で使うお気に入りの道具たち

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#3106

ライカM6

 GXRやOM-Dなど、写真がデジタル中心になって、ここしばらくは防湿庫に眠っていたのだけど、今はずっと一緒。
 レンジファインダーだから、一眼レフに比べると少々構図が甘くなったりする事もあるけれど、自分が思っていた仕上がりより良かったりする事もしばしば。「余計なものを入れて構図をとる。」という妙をライカで覚えた。

 僕の場合はツーリングでのいい道具としてライカをとらえている。その理由はツーリング先で迅速に写真が撮れる事。

 ツーリングではサングラスが必要だけど、サングラスを付けたままでも撮影が可能。(二重像の合致がしやすい。液晶画面がないのでホワイトバランスや露出補正に悩む必要がない。というか悩めない。)
 また、単焦点のコンパクトなレンズのおかげで、そのまま専用のカメラケースに収納し携行できる。という事は埃を気にせず、たすき掛けにしてオートバイに乗ることが可能。肩ひもを短くしておけばぶらぶらしないし運転にも干渉しない。結果、車上からも迅速に写真が撮れる。

 要はいちいちサングラスを外したり、パニアケースからカメラを出し入れするのも面倒な僕にとっては、とても都合のいいカメラと言うわけです。

 もし転倒した時は目も当てられませんが。


ベルスタッフのトライアルマスター

 僕のベルスタッフは1980年代のイギリス製。全体的にタイトなシルエットと長い袖丈、現在のイタリア製に比べてコットンが肉厚なところが気に入っている。

 ライディングジャケットとしては寒いと言われるけれど、基本的なレイヤリングさえしていれば(化成繊維+インナーダウン+ウインドストッパー、あとは自分のミートテックで勝負)それほど寒いとは思わない。
 長らくライダースを着用してきたが、カメラを持ってのツーリングでは、動きやすく街にも溶け込みやすいこちらに分があるように思う。ポケットも一杯ついているので、露出計やフィルム、煙草、携帯と詰め放題。(やっぱりものぐさな僕)

 オイルドコットンなので多少の雨なら弾くと言われて購入したが、すぐに浸水する。近々オイルアップ予定。


OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル40-150ミリ

讃岐うどん「中西うどん」

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3107

#3108

#3110

 高松市内にある中西うどん。

 2月の淡路島ツーリングで、橋の向こうに四国が見えて以降、なぜか中西うどんが頭にちらついて頭から離れず・・・、行っちゃいました!(笑)もう何度通ったかは覚えていません。

 僕が讃岐うどんにはまったのは、10年以上前に、ここのうどんを食べてから。
 徳島にあるロングダート、「剣山スーパー林道」を制覇すべく上司、後輩と三宮から深夜のフェリーに乗って、高松港に着いたのが朝6時前。そのまま上司に連れて行かれたのが、中西うどんでした。

 朝早くから開いている事にもびっくりしたけれど、印象的だったのは朝練前の高校生が一人で入ってきて、慣れた感じで注文し、すぐに出てきたうどんを、ずばーずばーって一気に吸い上げ、小銭を置いて出て行った事。滞在時間5分程度。彼にとっては自宅の食卓で朝ご飯を食べていくような、繰り返される当たり前の日常だったのだと思います。

 写真を見ていただれば、もう説明はいらないかと。
 出汁の沁みた大きな揚げ、シンプルないりこだしと、太いコシのあるツヤツヤ麺!ここのうどんは讃岐うどんの中でもかなりコシがあるので噛むとけっこう顎がつかれますので「ずばー、ずばー」といくのがよろしいかと。何よりもこの麺とだしとの掛け合わせが最高なのです!

 ・・・あ、この日は先に宮武で軽くいなしてから訪問。それでも結局、かけうどん2玉+ぶっかけうどん2玉食べました(笑)

 初めて中西うどんを食べた時から、讃岐うどんにはまり、結構な数の讃岐うどんを食べましたが、やはり、僕の中では中西うどんこそがキングオブ讃岐うどんなのです!!

ごちそうさまでした!

また行きたい!
すぐ行きたい!(笑)


OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
2016.2