FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

京都七福神めぐりをしました。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4398

#4383

#4400

#4402

#4401

#4403

#4384

#4399

#4404

 最後の一つは布袋尊を祀る黄檗山萬福寺です。ココは他の寺社と離れて宇治にあります。また、他の寺社と雰囲気が違います。実はこのお寺を開創したのは隠元和尚と言う中国僧なのですが開創にあたっては中国の萬福寺と名付けられました。伽藍建築はすべて明朝様式で、総門をくぐると巨大な三門があり、その奥には布袋尊を祭る天王殿、本堂である大雄寶殿、脇には法堂や開山堂、斎堂があります。荘厳な本堂には釈迦如来、その脇に迦葉尊者、阿難尊者、十八羅漢などが祭られ迫力満点です。もちろん、七福神の布袋尊の金色に輝くありがたい御姿は今回のゴールにふさわしいものでした。

 ・・・こんな感じで、車で周ると拍子抜けするほどにイージーな気がしました。次男が自転車を漕げるようになったら、次は自転車でチャレンジしてみようかと思いました。

 なにはともあれ、僕は今年厄年ですが、このご利益にあずかって何とか平穏な一年を送りたいものです。



RICOH GXR/Voigtländer ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II /Ai Nikkor35mmF1.4S
SONY DSC-RX100M4

Aero Letherのハーフベルト

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4405

 僕の故郷は町の面積の半分以上を広大な農地がしめる、ものすごい田舎なんだけど、そんな田舎に、カントリー調のおしゃれで場違いな衣料品店ができました。確か僕が中学生くらいの時だったと思います。それまで寂れた商店街の、学生服を取り扱っているような店でしか服を買ったことのない僕は、その場違いなお店を「ちゃらちゃらした店」として敬遠していました。なのにどうしてその店に入ったのかは今でも記憶にありません。多分、姉か友人の付き添いで入ったのだと思います。

 店内は、アウターやシャツ、パンツが所狭しと並んでいて、どれもおしゃれでした。素人の僕が見ても仕立てが良いのは一目瞭然で当然プライスも未だ見た事のない数字が並んでいました。中学生の僕に買い物できるようなものは無く、「服にこんな値段付けるなんて馬鹿じゃないの?」なんて、冷やかし気分で商品を眺めていると、その中で一つだけ、目を惹くものがありました。

 ある革ジャンに取り付けられた、海沿いの道を疾走する車とオートバイのイラストが描かれたタグ。当時からオートバイが大好きで、高校生になったらすぐに自動二輪免許を取得するつもりだった僕には、このタグはあまりにもクールで刺激的でした。「この革じジャンを着てバイクに乗ったらすごくかっこいいだろうなぁ・・・。」なんて妄想を抱いてしまい、それからは、この店を尋ねる機会があると必ず、真っ先にこの革ジャンを探して穴が開くほど眺めていました。

 それが、このAero Leather。1975年創業。スコットランドで生産される、ホースハイド(馬革)の革ジャン。その革は肉厚なフロントクォーターの革を使用しており、床に置けばそのままの形で立ってしまうほどの固さを誇ります。(通称エアロ立ち)
 最初の出会いから5年。社会人になって、少ない初任給を握りしめて、この店に行ったときは足が震えたことを今でも覚えています。買った時は嬉しくて嬉しくて、通勤でもプライベートでも、寝る時さえも着ていました。(先に書いた通り、自立して立ってしまうほどの固い革でしたから、肩こりも半端なかったです。)
 それから更に20年が経過して、現在に至ります。さすがに今では毎日着る事はありませんが、オンシーズンの月の1/3位は着ていると思います。おかげで今ではエアロ立ちはしないほどに革は柔らかく馴染み、脱いでも僕の体の形になっています。アクションプリーツとファスナー下のフラップがない為、ライダースとしてはどうなのかと思う部分もありますが、とにかく頑丈で、驚く事にこの20年間の間に修理は1回だけ。ファスナー交換のみで、他は一切のトラブルはありません。ツーリングに使用しているので、革に大敵な雨にはもう何度も濡れていますが、クロムなめしですし、ケアをしっかり行ってきたので、何ら問題はありません。

 正直、安い買い物ではありませんが、20年以上たってもヘタることなく、更に艶を増していく。そして20歳でも40歳でも違和感なく着られるものってそうそうないんじゃないでしょうか?きっと60歳になっても僕の傍らにあると思います。

 Aero lether、これはまぎれもない”本物”です。

近江ちゃんぽん「をかべ」

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4408

#4407

#4406

 昨年末。カメラを携えて、彦根城界隈を散歩しました。その日は朝からどんより曇っており、小雨も降って大変寒い一日でした。手袋を忘れて、手がかじかんでジンジンと痛かったことを覚えています。昼前からスタートし、日が傾くまで方々を歩きました。結構歩いてお腹もすいたので、ふと立ち寄ったのが近江ちゃんぽん発祥の地「をかべ」。創業昭和38年の老舗です。

 をかべのちゃんぽんの美味しさは、昔から地元でも有名で、近辺に住んでいた僕もよく家族で食べにきていました。残念ながら少し前に地権者との契約切れで、店舗は現在の場所に移りました。味は昔と変わらず、野菜をふんだんに使ったとても優しくあっさりとした、だけどそれだけではない深みのある味。数年前から滋賀県内のあちこちでできている、フランチャイズのお店とは似て非なるモノかなというのが、正直な僕の感想です。

 テーブルにちゃんぽんが運ばれてきたとき、鞄からコンパクトデジカメを取り出すと、外でカンカチコンに冷やされていたカメラのレンズがちゃんぽんの熱気で曇りだし、なんだかドリーミーな写真になってしまいました。食べ始めると、今度は僕の鼻水が止まらなくなって、麺と一緒に鼻もすすりながら食べました。

 店内は僕と店主のおじいさんとおばあさんだけでとても静かでした。カウンターに備え付けられたTVの音だけが鳴っていて、無言で皆、ニュースを見ていました。そのうち、おじいちゃんが「少し出かけてくる。」と席を立った途端、おばぁちゃんがここぞとばかりに夕飯の買い物を頼むと、「この寒いのに。」と不満げに、白衣の上に年季の入ったジャンパーをひっかけて出ていくおじいさん。田舎の、家族経営の食堂なんかではよくある風景です。

 をかべのちゃんぽん。決して斬新な味ではないですが、それがかえって珍しいというか、なんだかまた食べたくなる味です。


冬の若狭湾をドライブしてきました。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4409

ここの所、休みになると雨か雪で、オートバイに乗れない。

「なにくそ!こうなれば雪景色を撮りに行ってやる!」と車で出かけてみたが、凄まじい降雪量で、運転時はヒヤヒヤもの。

海沿いに車を走らせていると、細かな雪を巻き上げる、地吹雪に車ごと飲み込まれた時は、「これはホントにまずいかも。」と、大げさにも遭難を意識してしまった。



RICOH GXR/Ai Nikkor35mmF1.4S
福井・田烏   2018.1

冬の若狭湾をドライブしてきました。その2

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4410

#4411

#4412

#4414

#4413

#4415

#4416

 写真は福井の古刹、明通寺。鎌倉時代中期に建てられた檜皮葺の本堂と三重塔。長年の風雪に耐えたそのたたずまいは、見るものを圧倒します。特に三重塔は緻密に組み合わされた木材がまるで、何か荘厳な模様を描いているようで思わず見惚れてしまいます。本堂には靴を脱いで裸足で板敷の床を歩きます。中は撮影禁止ですが、薄暗い中の、仄かな提灯に反射して浮かび上がる御本尊、薬師如来は凄く尊いものに思え、冷えて痛くなった指先の事も忘れてその前に立ち尽くしてしまいます。何だか、ちっぽけな自分のすべてが見透かされているような、そんな気がして緊張しました。

 この日、本堂内には僕以外に参拝客はおらず、ゆっくりと鑑賞することができました。



RICOH GXR/Voigtländer ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II /Ai Nikkor35mmF1.4S
OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF2.8 PRO

冬の若狭湾をドライブしてきました。その3

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4418
国道303号線

#4425
国道303号線沿いのバス停

#4424
国道303号線

#4419
小浜市内

#4420
志積海水浴場

#4421
早瀬

#4422
日向

#4423
田烏

 若狭湾の漁港をつなぐ国道162号線を走りながら、気になる景色があると車を止めて、写真を撮りました。運転中、地を這うような地吹雪に車ごと飲み込まれて本当にヒヤヒヤしました。
 雪の勢いは弱くなったかなと車の外に出ると、直ぐに視界を奪うほどに強く降ったりして、瞬く間に僕もカメラも真っ白に。 手がかじかんで、レンズ交換時にレンズを落としてしまって、後玉が濡れてしまったのはすごくショックでした。地面は雪でふかふかだったので、割れずにはすみましたが・・・。

 行き交う車も殆どなく、当然人影は無し。車内のエアコンも心なしか普段より効きが悪く感じられ、とても心細かったです。


RICOH GXR/Voigtländer ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II /Ai Nikkor35mmF1.4S
OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF2.8 PRO

冬の若狭湾をドライブしてきました。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4417

 大雪で交通事情が麻痺するなど、福井県は今、凄いことになっていますね。一旦は解除されましたが、この先の天気予報を見ていると、まだまだ油断は許さない状況です。毎年、この時期に僕は雪景色を撮りに福井県に出かける事が多いですが、ここまでの大雪にあった事はありません。この日訪れた小浜市周辺の積雪量は40cm以上、降雪量もすごくて大雪注意報が発令されていました。一つ間違えれば、車内に閉じ込められたり、事故にあってもおかしくないほどの降雪量でした。今思えば、すごく危険な事をしていたのだなと反省している次第です。

 いくら科学が進歩しても、偉大な自然の前には人間は無力なんだなと痛感させられました。

冬の若狭湾をドライブしてきました。(了)


RICOH GXR/Ai Nikkor35mmF1.4S
国道303号線にて

77777

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4426

 今の軽バンは購入から6年半で、この走行距離。まぁ普通かな。使い勝手がよくとても気に入っている。僕としてはメーター2周くらいは乗ってやろうとメンテナンスもマメにしてるんだけ、いかんせん日に日に大きくなる子供達の事を考えると、そのうち狭くなりそう。

ナポリタン

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4427

 
 「外食したらお店にお金を払うでしょ、家で食べたら美味しかったっていうの、それがお金なの。言わなかったら食い逃げと同じなの。」

とはドラマ「最高の離婚」で、専業主婦を演じた尾野真知子が夫役の瑛太に言い放ったセリフ。

 夕食を作る機会が断然多くなってから初めて、「美味しかった。」の一言が、作り手にとっていかに大切なのか、わかった気がした。

ビュート

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4428

 こだわりって面倒くさいけどかっこいい。


RICOH GXR/Ai Nikkor35mmF1.4S