FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

幼馴染とハイキングに行ってきた。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5179

#5180

#5181

#5182

#5183

 なんてことないところをドライブして、ハイキング。適当だったけど楽しかった。
 何処に行くかじゃない、誰と行くかなんだよね。
 車内で、ずっと無言でも苦痛にならない、数少ない僕の友人。



RICOH GXR×Ai Nikkor35mmF1.4S

京都動物園

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5184

#5185

#5186

#5187

#5189

#5188

 「オラ、動物園に行ったことない。」という次男の一言で、次男を動物園に連れて行ったことがない事に気づく。長男はもう何度も連れて行ったので、てっきり次男も一緒に連れて行ったつもりになっていた。

 何だか次男が不憫に思えて、「ごめんごめん。」と心の中で何度も謝りながら、その日のうちに動物園へ。

 動物園では、狭い室内を延々と歩き続ける豹、こちらを向いてくれない梟、なんだか仰向けに寝て動かないアライグマのような何かを見る。

 マントヒヒの鼻ってよく見るとウルトラマンのような色の組み合わせだなって思った。


RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4

本を読む。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5190

 本を読むことが好きです。

 小学6年生の時に夏休みの宿題で書いた読書感想文が高評価を得て、全校生徒の前で表彰されて以降だったかな、それ以降本を読む習慣がつきました。とは言っても長時間の読書は苦手で、仕事、家事の合間や、就寝前の10分くらいにさっと読むだけなのでなかなか一冊の本を読み終えることが出来ません。(こんなので本が好きとか言うと笑われてしまいますね・笑)

 時間をかけてようやく1冊の本を読み終えると、善行堂さんか萩書房さんに行って古本を買います。高いものは買いません、せいぜい500円以下。こだわりは無くって小説なら作家は誰でもいいし内容はなんでもいい。手に取って少し読んでみて気に入ったものを買います。時々気になる本が2.3冊見つかったりする事もありますが、買うのは1冊だけです。そしてまたじっくり読みます。それの繰り返しで、どんどん本棚にたまっていく本を見ると、ちょっとした達成感があって、それもまた良いのです。
 

喫茶スイスのハンバーグとオムライス

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5191

 ふわふわトロトロの卵の上から、更に生卵(?)がかかっている面白いオムライス(400円)と、「じゅーっ」と鉄板の上ですごい油を飛ばしながら運ばれてきたハンバーグ(500円)。嫁さんはオムライス、僕はハンバーグ。ハンバーグにはソースも何もかかっていないけれど味はしっかりついていて美味しかった。何よりも箸で切り分けた時の肉汁がすごい。

 店内は満席で、ほとんどのお客さんがハンバーグを注文していた。そのせいかな、店から出た時には、自分の服に沁みついたハンバーグ臭がすごかった。

 喫茶スイスのハンバーグステーキ、御馳走さまでした。



OLYMPUS PEN-F×Ai Nikkor50mmF1.2S   Kodak ProFotoXL100
2019.1

待合室

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5192



OLYMPUS OM-1×G.ZUIKO AUTO-W35mmF2.8   Kodak Tri-X
2010.7 鳥居本駅

仁摩のYHにて

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5193

 2011年、夏。仁摩のYHの一室にて。

 他に宿泊客もなく「今夜は貸切だ。」と喜んでいたのに、まさかここのおっさんと2人で一晩を明かすなんて思ってもみなかった。
 勝手に部屋に入ってきて客に何の断りもなく勝手に自分の布団をひき始めたおっさんの図々しさには唖然としたけど、真っ暗な部屋の中、布団を並べて、おっさんがしてくれた話はどれも本当に面白くて、その夜はほとんど眠ることが出来なかった。



Nikon F2 PhotomicA×Ai Nikkor24mmF2S   Kodak Tri-X

旅の靴

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5194

 原付で京都から関門海峡を渡って九州の門司港まで走るという酔狂な旅をした。
 ショルダーバッグにニコンのフィルムカメラ、3日分の着替えだけをシートの下に入れただけの簡素な、行き当たりばったりの旅だった。初めて訪れる場所ばかりだったから迷うことも多かったし時間も読めなくて失敗も多々あったけど、とても新鮮だったし、ずっとワクワクしていた。そのせいか2000kmという距離もそんなに遠く感じなかった。

 あれから色々なトラブルや失敗も経験し、その度に色々な事を学んだ。ある意味旅慣れてしまった今では、決して味わえない感覚。



Nikon F2 PhotomicA×Ai Nikkor50mmF1.2S   Kodak TRI-X
2011.8 下関のビジネスホテルにて

コビト会議

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5195



OLYMPUS PEN-F×Ai Nikkor35mmF1.4S   Kodak ProFoto100XL

手をつなげば

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#5196

手をつなげば済むことも 僕たちはいつでも難しい顔ばかり
目を見つめりゃ済むことも 僕たちはいつでも気付かないふりばかりで

春が過ぎてゆく 夏が過ぎてゆく
秋が過ぎてゆく 冬が過ぎてゆく

斉藤和義 「手をつなげば」



OLYMPUS PEN-F×Ai Nikkor50mmF1.2S   Kodak ProFoto100XL

美観地区

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5197



OLYMPUS PEN-F×Ai Nikkor35mmF1.4S   Kodak ProFoto100XL
2019.3