FC2ブログ

浅間温泉

#5694

 小学生の頃、親に連れられて訪れた浅間温泉。その当時は温泉客が一杯いて、浴衣を着て家族で賑やかな夜の温泉街を歩いた事がなんだか嬉しくて、今も鮮明に覚えている。

 大人になった僕は、当時の記憶を頼りにその時宿泊した旅館を探したけど、もう特に廃業していて、やむなくほかの旅館に宿泊した。夕食を済ませ、ひとっ風呂浴びた後、下駄を借りて温泉街に出かける。あれほど賑やかだった通りは廃業してしまった旅館が廃墟として散在しており、ほとんどのお店がシャッターを下ろしてしまっている。僕の歩く歩調に合わせて下駄と地面がこすれる音のみが辺りに響き、何だかいたたまれなくなった僕は、10分ほどうろついたのみで、すぐに宿に戻ってしまった。



CONTAX Aria×DistagonT*28/2.8   Kodak Tri-X
2010.12 浅間温泉

ボンボンカフェ

#5695


 昼前からカブで恵文社一乗寺。奥山由之の写真集を見てため息をつく。店前を走る曼殊院道はいつもに比べて閑散としている。世間を騒がせているコロナウイルスの影響か。萩書房からマヤルカ古書店。マヤルカ古書店の店内は明るく、本棚が整然としていて本がとても見やすい。といっても萩書房の乱雑に積まれた書籍の中から読みたい本を探すのも宝探しのようで嫌いではない。

 百万遍へ移動。インペリアルで、ずっとだらしなくロールアップしていたチノパンの裾上げ。300円は安い。店主はよく接客できているなぁと思うほど激しい人見知りだけど、めちゃ良い人。
 お気に入りのパン屋に寄って帰るつもりが定休日だったことを思い出して、仕方なしに近所のスーパーで適当な菓子パンを買う。京都はパン屋の激戦区で、あちこちに名前に知れたパン屋さんがある。けれど僕は他のパン屋に浮気はしないのだ。


Nikon NewFM2×Ai AF Zoom Nikkor35-70mmF2.8(D)   DNP CENTURIA400(モノクロ変換)
ボンボンカフェ 2008

下賀茂神社

#5697



OLYMPUS OM-1×G.ZUIKO AUTO-W35mmF2.8   Kodak GA(モノクロ変換)
2011.12 下賀茂神社

路地裏

#5698



OLYMPUS OM-1×G.ZUIKO AUTO-W 35mmF2.8   Kodak GA
2010.7 先斗町

大王町。

#5699


 絵描きのまちと言われる志摩市の大王町。

 山の斜面に石垣が築かれ、その上に建てられた家屋は長年の潮風にさらされて風化が目立つ。その周囲を縫うように走る細い石段は立体迷路の様で、大王町の街並みをとても印象深くしている。かの有名な小野安二郎もこの地を訪れ「フランスのニースのようだ。」と言ったとか。

 岬のほうへと続く石段を上がっていくと、大王町のシンボルである大王埼灯台が見える。熊野灘から吹く風は、2月であるにも拘らず、ゆるやかで暖かく、石段を登りきる時には少し汗ばむ程であった。
  灯台のたもとには野良猫が群がっていて、皆一様に目を細めて日向ぼっこをしている姿が、何とも言えない長閑な雰囲気を醸し出していた。


RICOH GXR×Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4
志摩市大王町 2015.2

蛇口

#5700



OLYMPUS OM-D EM-1/LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH
岐阜・美濃市 2019.3

2005年、夏の尾道にて。

#5601

 バタフライエフェクトという映画を見た。

 主人公の男が過去に戻ることが出来る能力を身に着けたという設定で、自身の過去の過ちから、幼馴染であり最愛の女性が巻き添えとなり不幸な人生を送っている現状を、その能力で修正しようと試みるストーリーだ。男は過去に戻り、過ちを正そうと違う選択を試みるが、自分や他の誰かが不幸になり、何度も過去をやり直す羽目になる。最終的に主人公は、だれも傷つかない選択をする。と同時に、それは最愛の女性とともに生きる人生を失う選択でもあった。

 人生の、どの節目に戻ってやり直して、何かが改善されれば、それが作用してまたどこかで不都合が生じる。全てがうまくいくようには出来ていない。

 きっとそうなんだと思う。過去に戻る能力なんか持てないし、その必要なんかない。良くも悪くも今現状がすべて。その先はわからない。悩み足掻きながら自身で選択した人生を納得しながら生きていくのか、選択する辛さを放棄して折り合いをつけた人生を受け入れて諦めながら生きていくのか、その違いなんだろうな。

 この年になると色々考えるよ。



CANON Power shot S45
尾道・広島 2005.7

四万十川ツーリング。

#5603


 夏、四万十川、沈下橋。
 いそげ、いそげ、日が暮れる。
 カツオのたたきがおいらを待っている。



RICOH GXR×GR Lens A12 50mmF2.5 Macro
四万十市・高知 2013.8

息子とサイクリング

#5604
#5608
#5607
#5605
#5606


 話すのが苦手で、自分の気持ちをスマートに表現できない長男。それでも悩み事の断片を、サイクリングの途中でぼそぼそ漏らすので内容は何となくわかるけど、どこまで理解できているかは不明だ。似たような悩みをお父さんもその時代持っていたけど、もうずいぶんと前なのでどれくらい深刻だったかはおぼろげだ。

 けど、そうなるってことだから大丈夫だ、きっと。

 今日もお父さんと遊んでくれてありがとう。まったく愛おしいぜ。



RICOH GXR×RICOH LENS P10(28-300mmF3.5-5.6VC)
高島・滋賀 2020.1