FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

道具考

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4498

 これはとある林道の脇で、ラーメンとコーヒーを作っているところです。
「こんなところで、やらなくても・・・。」と思う方もいらっしゃるでしょう、実はやっている僕ですらそう思う事があります。でも他のブロガーさんやyou tuberさんを見ていると、結構いらっしゃるんですよね、こういう事をしている人達って。

 わざわざ、これをする為にツーリングされる方もいらっしゃいますが、僕の場合は、目的ではなく手段となることが殆どです。一度山奥まで入ってしまうと、定食屋さんってあんまりなくって、あっても食べたくないものだったり美味しくなかったりする事が多々あります。事前にコンビニやスーパーで菓子パンやおにぎり、缶コーヒーを買っていた時期もありましたが、それだと味気ないんですよね。寒い時期は温かい食べ物の方が嬉しいし。

#4500

 僕が普段から使っていたクッカーがMSRのブラックライトグルメセット。これは、1.5L、2Lの鍋と17cmのフライパンがついていて、色々な料理に対応できます。これに3L.4Lの鍋が付くガイドクックセットを買い足して家族や仲間と行くキャンプで使用してきました。
 ただ、ラーメンを作るだけの為に、持ち出すにはあまりにも大げさすぎたので・・・。

#4293

 買い足したのが、keithのキャンティーンセットです。これは1.1Lの水筒と700mlの飯盒型カップが付属したもので、お湯を沸かしてラーメンを作ったりコーヒーを飲んだりするのには最適です。素材はチタンで260gと軽量な為、持ち運びも苦になりません。先日は子供たちを連れて軽登山をしてきましたが、アルミ製のブラックライトを持っていた頃に比べると随分と軽かったですね。

#4499

 クッカーと同じくらい大切なのがバーナーです。キャンプを始めた頃は、どこでも手に入るカセットガスを熱源としたユニフレームのカセットガスストーブを使っていました。気軽につかえて良かったのですが、ロングになるとカセットガスのストックを2.3本持たないといけないのでかさばるのと、冬の寒い時期は火力が半減するというネックがありました。
 そこで、新しく買ったのがMSRのドラゴンフライ。マルチフェーエルタイプで、ホワイトガソリンから自動車用ガソリン、軽油や灯油まで使えます。僕はジェットを交換して灯油を使っています。灯油は煤が出ますが、ガソリンに比べて引火しにくく安全ですし、コストが抜群に安いです。火力に関しては気温に左右されませんし、強火からとろ火まで自由自在です。ボトルは877mlの大きなものを使用していますが、満タンにしておけばかなり持ちますね。

#4501

 ただ、このドラゴンフライ、一つ欠点があって、五徳の幅が大きい為、先のブラックライトを使用するには何の問題もないのですが、小ぶりなコッフェルやキャンティーンが安定して乗らないのです。そこで普段使っているユニフレームのfanマルチロースターというパン焼き器の網を五徳代わりに使っています。

#4502

 最後にトランギアのアルコールストーブ。燃料は勿論アルコール。これは登山用に買いましたが、ちょっとお湯を沸かすのにはちょうどいいです。)これに五徳兼風防として使うのがキャプテンスタッグのカマド。ガスやガソリンに比べると時間はかかりますが、しっかりとお湯を沸かしてくれます。勿論カマド自体もネイチャーストーブとして小枝や枯葉で使用することもできます。(こちらは登山では持っていきませんが。)


・・・こんな風に行く場所や状況に合わせて、道具をシステマティックに組み合わせるのがとても楽しかったりします。そうそう、アウトドアグッズは、色々工夫がされている為、使うこと自体が楽しかったりします。もしかしたら野外で料理されている方も、それが目的なのかもしれませんね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1013-ed291d98