旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

なやましい手すり

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4527

 3年ほど前に奮発してOLYMPUSのOM-D EM-1とPROズームレンズ2本を大人買いしたものの、ズームレンズが性に合わない僕は、結局RICOHのGXRのMOUNT A12にアダプターを介してニッコールやオリンパスの単焦点マニュアルレンズを使用してきた。かなり気に入って使ってたんだけど、マニュアルレンズを使用する為の、生命線ともいえる外付けの電子ファインダーがついに故障してしまった。液晶画面でもピントは合わせられるけど、天気が良い日は見えずらい。RICOHのサービスセンターに問い合わせてみたものの、メーカーの部品保有期間は既に切れており修理も不能との事。(まぁもともと不人気商品だったから在庫とかしてなさそう。)

 GXRよりファインダーが見やすいOM-Dにアダプターを介せば、同じように使えないことも無いけれど、焦点距離が2倍になってしまうのはいただけない。

 さてさてどうしたものか。



RICOH GXR/Ai Nikkor35mmF1.4S

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1018-c728ac88