旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

おくればせながら、春爛漫。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4560

 3月下旬に流行性結膜炎を患い、1週間の自宅療養を強いられているうちに、世間では桜が咲き、散ってしまった。だもんで、今年の春は花見も殆どできずに終わってしまって、辛い結膜炎の記憶だけが残ってしまった。

 その結膜炎の症状もようやく落ち着いたので、オートバイでぶらり奈良の山奥を走っていると、とある集落で素敵な景色に出会ってしまった。

 菜の花畑、遅咲きの桜、鯉のぼり。春の風物詩が揃った理想の景色に思わずテンションが上がる。花に彩られた景色、まだ少し冷たい、だけど肌を優しくなでるような風、鼻孔をくすぐる草木の匂い。

 やっぱ春はいいなぁ。


遅ればせながら、春、爛漫(了)


OLYMPUS OM-D EM-1/LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1037-38e65683