FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

記憶の尾道。

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4590

時間の流れと共に 確実に変わっていくもの

あの時と同じようにここに立って キミとの事を思いだしてみるけれど
確かにあったはずの思い出がいくつもかけてしまっていて 胸の内が騒ぐ
楽しかった事も 悲しかった事も どんどん失われて 僕の心は空っぽになっていく

時間は どんな過去を少しずつ忘れさせてくれるけれど 少しも楽にはならずに 寂しさだけが増していく

僕をこの世に独りにしてしまった君は
今更ながらに特別な存在だった



CONTAX Aria/Carl Zeiss DistagonT*28/2.8   Kodak GA

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1047-399a1e1d