FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

三重県に行ってきました。その2

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4592

 ところで皆さんは温泉の気持ちいい入り方をご存知ですか?

 一日働き尽くして(もしくは遊び尽くして)汗だく、疲労困憊の状態で入る事です。お湯が体にまとわりついた汗を流れ落とし、疲労で凝り固まった筋肉に圧迫されていた末梢血管を広げてくれるのが、感覚としてよくわかるんですよね。「乳酸ばいば~い。」みたいに指先がジンジンして、そのあとぽわ~ってなるんですよ。疲れていれば疲れているほどこの感覚が味わえ、険しく吊り上がってた目尻が垂れ下がっちゃう、これがたまらないのです。

 そういう点ではオートバイと温泉の相性はとても良いのです。オートバイの運転は乗っているだけで、体はそんなに動かさないですからあちこち凝り固まりますし、夏でも雨なんか降っちゃうと体はすごく冷えますからね。

 オートバイと温泉の関係は切っても切れないものだと僕は思います。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1049-17281ce6