FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

三重県に行ってきました。その6

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4606

#4607

#4608

#4611

#4609

#4610

 紀伊半島は奈良県側に大台ケ原、大峰山などの百名山を有する他、和歌山、三重県側にも険しい山々が存在しています。平地は殆どなくて、その最深部に行くには細い山道を走らなければなりません。最近では168号線や169号線などの改良工事が進んで、走りやすくなっていますが、そこから少し外れると、まだまた酷道と呼べる道が点在しています。

 オートバイの機動力を生かしたツーリングにはうってつけの紀伊半島、その魅力はやはり先ほどお伝えしたようにその山深さでしょうか。人の気配より獣の気配が濃いところなんかもあったりしますが、うっそうとした山林から、時々落ちる、まるで光りの筋のような木漏れ日がとても美しくて、とても幻想的です。渓谷では透明度の高いエメラルドグリーンの水が流れ、夏場なんかにブーツを脱ぎ捨て足をつけると、ものすごく気持ちいいんです。本当に暑い時は、誰もいないのを見計らってマッパで泳いだり(笑)。

 でも僕が一番好きなのは、今日本で失われつつある山村風景がここにはたくさんある事です。山を切り崩して畑を作り、そこで生活を営んできた先人たちの知恵や苦労が垣間見れるその景色です。コンビニやスーパーはかなり走らないとありませんが、そこには美しいほどの緑と水、晴れた日には遮るもののない青空が広がっています。


OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1053-77c3bc77