FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

夜の帳

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4662

 家族で福井県まで出掛けた帰り、日が沈む少し前。車窓から見た日本海が紫色に染まってとても美しかった。適当な空き地を探して車を停車。急いで砂浜まで走り、水平線にカメラを向けた時にはもうほとんど真っ暗になっていた。

 「残念。」と思いながらファインダーから目を離し、振り返えると、後からやってきた嫁さんと子供達も横に並んで、無言で海を眺めていた。

 ただシンプルに「何か、こういうのっていいな。」て思いながら、暗くなった海を、僕もしばらく眺めていた。



RICOH GXR/Leitz summar5cmF2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1067-d0fa0d49