FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

常滑に行ってきました。その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4699

#4712
以上2枚、土管坂

#4711

 6月のとある休日。郷里の友人と都合を合わせ、愛知県の知多半島にある常滑に行ってきました。常滑は焼き物の街として有名で、日本最大級の登り窯や、焼酎瓶や土管などの廃材を利用してできた「土管坂」、廻船問屋「瀧田家」など見所満載の観光地です。
 友人が持参したガイドブックに沿って歩けば、住宅のあちらこちらに陶器を利用した面白い仕組みがあったり、細く伸びたレンガ造りの煙突が遠くに見えたりします。小高い丘の上にあるこの焼き物散策路は細く入り組んでおり、まるで迷路のようで、僕も友人も宝探しをするような感覚で楽しみながら歩きました。

 やきもの散策路はAコースとBコースがあって、それぞれ距離が変わりますが、距離の長いBコースでも4kmほどの道程。日ごろ運動もせず、たるみきった体のおっさん2人組でも楽しんで歩けるくらいの距離です。特にカメラを持っての散策にはうってつけの街だと僕自身は思いました。


常滑に行ってきました。(了)

*常滑のHPはこちら


OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO
2018.6

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1090-8ef6f3ec