FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

オートバイ日和その5

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4871

 ライダースを羽織ってちょうど良いくらいが僕にとって一番オートバイでのツーリングに適した季節。パニアケースにはコーヒーミルと、ドリッパー、そしてお気に入りの珈琲豆をしのばせていつものルートをたどる。
 もう在るのか無いのかわからないその先を求めて、ひたすらにアクセルを開けるほど若くはなくなって、代わりに日常の中にある美しいもの、気持ち良いものを立ち止まって探すようになった。そうして見つけた、自宅からそう遠くないお気に入りの場所で過ごす時間は何にも変え難いものだ。

 人が入ってこない山奥の河原で、淹れたてのコーヒーを飲みながら、市内の古本屋で買った文庫本を読んでいると時間が立つのを忘れる。日がささなくなって、肌寒くなると帰り支度を始める。

 残念ながら、ここは京都でも豪雪地帯なので、雪に閉ざされるのも時間の問題だ。

オートバイ日和(了)



RICOH GXR/Ai Nikkor50mmF1.2S

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1153-327124f4