FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

和歌山に行ってきました。その3

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4970

 和歌山には素敵なキャンプ場が沢山あります。この日は潮岬キャンプ場でテントを張りました。
 潮岬キャンプ場はハイシーズン以外は無料です。設備は簡素でトイレも遠いのが難点ですが、ロケーションは良いです。平日のこの季節にも関わらず、数名のキャンパーがテントを広げていました。

 テントの前室でドラゴンフライを使います。ドラゴンフライは調理にも使いますが、とろ火が効くのでそのまま暖房器具としても使えます。(もちろん換気をしっかり行ってのことです。)灯油を燃料としているので、コストは断然安いです。
 テント内の温度は20度まで上がって、汗をかくほどでした。

#4971

 始めてチタンのキャンティーンで米を炊きました。チタンは熱伝導が悪くて炊飯には向かないのですが、少し工夫をすれば、ほらこの通り。

#4972

 この季節はおでんに限りますね。パックに入ったおでんの具セットを買って、それだけでは足りないので、追加で鶏肉やらうどんやらを放り込みます。こうなると殆どおでんじゃなくなってますけど、いい出汁が出てるので何を入れても美味しいのです。

#4973

 ご飯をたべたら後は本を読んだり

#4974

 星空を撮ったり。
 普段夜空を見上げる余裕なんかないし、本すらなかなか手にする事ができないので、最高に贅沢な時間です。

#4975

 朝。暖かい寝袋から出て、ブーツを履くところから一日が始まります。20年履いたエンジニアブーツを、つい最近まで修理に出してました。手元に戻ってくるまで3か月かかったし、修理代金は新しいのがもう一足買える位したけれど、やっぱり履きなれた靴が一番。

#4976

 キャンプを初めてもう15年以上たちました。昔はあれこれ道具を買い替えたり、流行を雑誌でチェックして真似してみたりしてましたが、今は落ち着きました。いつ何処でテントを張っても、大体同じ道具を持ってきて、同じレイアウトで配置しています。



OLYMPUS OM-D EM-1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1208-eb220ae9