FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

ふらり、本島part2 その4

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5097

#5098

#5099

 瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島のひとつ、本島に家族で行ってきました。目的はサイクリング。次男がようやく補助輪なしで自転車に乗れるようになったのですが、住宅近辺は交通量も多く安心してサイクリングできる環境ではありません。「どこか景色の良いところで、思い切り自転車を漕がせてやりたいなぁ。」と思い、そこで5年前に訪れた本島の事を思いだした次第です。

 本島は本州からだと岡山の児島から観光船で乗って30分ほどで到着します。午前の早い時間に2便、夕方に2便あるので日中に本島観光を十分楽しむことが可能です。港に着いてすぐに観光案内所がありますので、そこでレンタサイクルが可能です。1台500円、子供用も3台用意されています。自転車の程度はあまり良いとは言えないので、借りる際には自身でチェックした方が無難です。(この時もタイヤの空気が入っていない、ブレーキが効きにくい車両がありました。)

 島1周しても16km程。徒歩だと少し厳しいですが自転車なら大した距離ではありません。島の北部、南部は勾配がきついですが、まぁうちの子供でも立ちこぎで乗りきれたので、それほど大したものではないかと思います。車の交通量もほとんど皆無と言って良いほどで(それもで見守りは必要です。)、安心して子供を自転車に乗せてやることが出来ました。
 本島で注意する事は食事でしょうか。島には食堂や雑貨屋が少ないので、事前にお店の事を調べていくか、自身で用意しておく必要があります。今回、僕らはコンビニで買ったおにぎりと味噌汁をザックに詰めて持っていきました。

 本島の詳細はリンクを張りますので、興味のある方は覗いてみてください。瀬戸内海に浮かぶ本島で、のどかな「しま時間。」を堪能するのも良いものですよ!

(ふらり、本島Part2 了)


Nikon F2 PhotomicA×Ai Nikkor35mmF1.4S   Kodak ProFotoXL100

本島・・・せとうち島手帖
児島からの連絡船・・・六口丸海運

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1271-dfd5995a