FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

岩村(4)

Posted by yasu1995 on   2 comments   0 trackback

#5115



RICOH GXR×Ai Nikkor50mmF1.2S

Comment

Yozakura says... "岐阜県恵那市の岩村駅付近ですか?"
無沙汰しております。
 撮影された写真「岩村シリーズ」ですが、これはひょっとして、岐阜県東南部にある明知線の岩村駅周辺の風景ですか?
 4枚目の住宅街なぞ、まるで眼前に柘植義春の漫画が展開している趣があり、旅好きの主人公に替わって、画面内に溶け込んだかの如き錯覚すら覚えます。過ぎ去った昭和の雰囲気を、さり気無くも留めて折り、懐かしさと共に深い郷愁を感じました。
 今後も、お元気にて旅を続けて下さい。
2019.05.02 20:08 | URL | #Y2lB8pKc [edit]
yasu1995 says... "Re: 岐阜県恵那市の岩村駅付近ですか?"
Yozakuraさん、コメントありがとうございます。

 Yozakuraさんのご指摘通り僕はつげ義春のファンで、「オンドル湯」や「ゲンセンカン主人」の世界観は勿論、描かれている鄙びた景色や建物が好きです。
 岩村ですが、朝のNHK連続ドラマ「半分、青い。」の舞台となったようで、現在は店舗や通りのあちこちに主演女優さんのポスターや撮影時の記録などが記された案内板が張り出され、残念ながらおぞましいほどの景観破壊が進んでいました。それらが目に触れない場所を探すのはとても大変でした。4枚目の写真は目抜き通りから少し外れた裏通りの景色を撮影したものです。寂れた理髪店とその奥にある飾り気のない木造住宅の並びに惹かれました。それがYozakuraさんの目に留まったなら、とてもうれしく思います。
2019.05.04 00:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1279-0047ade5