FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

鳥取~但馬漁火ラインを走ってきました。その6

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5136

#5137

#5139

#5138
板井原集落

 昭和の名残を色濃く残すノスタルジックな智頭駅周辺。そこから鳥取へ向かって北上する国道373号線の途中から、脇にそれるように県道40号線に入る。その40号線は薄暗く見通しの悪い山道で、オートバイでも少々気を使う。20分ほどで板井原集落へ到着。
 「昭和の山村風景。」というアナウンスに惹かれてやってきたが、なるほど山深く交通の便はすこぶる悪い。いわゆる限界集落だ。伝統的建造物群保存地区に選定されているようだが、木造の古民家を改修したcafe以外は人気がない。集落に足を踏み入れると目につくのは屋根が崩れ落ち、壁は剥がれ、生活用品が庭先に散乱している廃屋の群れ。これに近い集落を、僕は滋賀でも見た頃がある。

 もっともあちらは完全に廃村だったけど。



RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1296-c800c115