FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

鳥取~但馬漁火ラインを走ってきました。その15

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5178

 パニアケースには常時キャンプギアが詰め込んであって、後は着替えを少々と文庫本を詰めればいつでも旅に出る事が出来る。

 オートバイの旅はいつでも受動的だ。暑くても寒くてもどうしようもない。雨に降られてもただ打たれ続けるしかない。
 それでもなぜオートバイに乗るのか。その答えは、あの有名な言葉と同じ。

 「そこにオートバイがあるから。」だ。


鳥取~但馬漁火ラインを走ってきました。(了)



RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1307-877cf8f7