FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてきました。その1

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#5349

 山陰海岸は世界ジオパークの認定を受けており、その範囲は京都府の京丹後市から、兵庫県豊岡市、香美町、新温泉町、鳥取県、岩美町、鳥取市にまたがり、山陰海岸国立公園を中心に、京丹後市の東端から鳥取市の西端まで、東西約120km、面積は2458.44㎢1)に及ぶ。
 その特徴としては、「日本海形成に関わる火成岩類や地層、日本海の海面変動や地殻変動によって形成されたリアス海岸や砂丘をはじめとする多彩な海岸地形など、貴重な地形・地質遺産を数多く観察できること。」2)である。

 今年の5月にオートバイでこの山陰海岸の沿岸部をトレースしたが、その風光明媚な姿に心を打たれ、出来れば、時間をとってもう一度訪れてみたいと思っていた。そんな時に偶然、この山陰海岸ジオパークトレイルの存在を知って、いてもたってもいられなくなり、今度はオートバイではなく、自分の足で歩いてみる事にした。

参考文献
1).2)2008.山陰海岸ジオパーク推進協議会 山陰海岸ジオパークとは http://sanin-geo.jp/info-index001 最終閲覧日2019/9/24


RICOH GXR/Voigtländer NOKTON Classic35mmF1.4

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1390-b4d9406d