FC2ブログ

2019.12馬越峠から天狗倉山、便石山登山。MTBで林道ツーリングから島勝トレイルに行ってきました。その2

#5519

 「知らない土地を旅してみたい。」

 その衝動は昔からずっと僕を突き動かしていて、今までずーっとオートバイで方々を旅してきました。「いかに遠くに行くか。」という理念のもと、オートバイのパワーに任せて長距離を走り、欲張った行程もこなしてきましたが、ここ半年で大きく旅の様相は変わりました。

 そのきっかけは今年の7月にMTBを手に入れた事です。MTBに限らず自転車って自分の力で距離を稼ぎますが、その疲労感が半端ないんです。でもこれがすごく今の自分にあっていてとにかく気持ちがいいんです。日々の生活で溜め込んだ毒素が汗と共に抜けていく感じ。体の調子もどんどん良くなっていくし、体を動かすってホントに大事だなぁと実感している次第であります。

 で、「MTBっていえば山だろ。」なんて単純な発想で山岳サイクリングをやっていると、今度は山がとても危険をはらんでいることに気づきます。地図が読めず道に迷って安易に沢に降りてしまい登り返しが大変だった事、真夏の山行で水を切らして熱中症になりかけた事、急激なハンガーノックで苦しい目にあった事、綿100の衣服でかく大汗の気持ち悪さ、それにまとわりついてくるやぶ蚊の大群。そうしてどんどん体力を奪われて苦しい思いをした事など、ほんと無知で無防備な自分に気づきました。

 僕のようなソロでの行動を好む人は、どんな状況でも自分でリカバリー出来る術を心得ていないと命に関わります。そこで登山の仕方や道具に興味を持つようになりました。失敗と成功を繰り返し慣れてくると、どんどん楽しくなっていきました。すると今度は「いかに楽に楽しく安全に距離を走るか。」っていう考えになって、そのうちウルトラライトの発想に行きつきます。

 携帯する道具の選別と、軽量化に勤しむようになり、結果、荷物が軽くなると気持ちまで軽くなりました。で、今度は今まで考えたことの無かった「歩いて山登ってみるか。」、「長い距離を歩いてみるか。」っていう風に変わっていきました。MTBの枠にとらわれない、要はその時その時の目的によって手段を変えるという事です。MTBはあくまでも目的を達成する為の手段であって目的ではない、そんな感じです。

 今回の冒険は今までの学びの集大成。「一点集中で、とにかく遊び倒す。」これ以上のワクワクはありませんよね。

 遊びのステージは三重県尾鷲市。
 1日目は伊勢路のひとつである馬越峠から天狗倉山~便石山を縦走。夜は車中泊。
 2日目は尾鷲市の飛び地にある、須賀利町周辺のロングダートをMTBでサイクリング。

 そんなお品書きです。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1465-df8a8c3d