FC2ブログ

くたびれたBMWとあきらめの悪い男。

#5707
#5708
#5709
#5710
#5712

 僕のBMW。

 1984年製だから今年で36年が経過しており、僕のところに来てから今年でちょうど10年が経過した。さすがにそれだけ古いとあちこちガタがきていて、それを見つける度にバイク屋に預ける手間と高額な修理代を思って溜息が出る。毎年、車検のタイミングで手放すか否かを悩みながらも、手放すことが出来ずに乗り続けてきた。ここ最近ではシートフレームが錆びてシートの形状が歪んでしまった。その哀れな姿を見て、今回はもう観念していたのだけど、なんでかな。結局車検を通してしまった。直すあても代わりのシートもないのに。

 なじみのバイク屋さんで車検を終えた相棒を受け取り、エンジンをかけると、なまじバイク屋さんの腕が良いものだから、アクセルの開閉に合わせて気持ち良い程軽やかにエンジンが吹け上がる。歪んだシートの座り心地に違和感を感じながらも、OHV1000ccのエンジンの鼓動に合わせて金属の塊のような車体が軋みながらブルブル震えだすと、「ああ、やっぱりこれだな。」なんて思ってしまうから、この手のオートバイは本当にたちが悪い。

 嫁さんには「ちょっと(バイクを)取りに行ってくる。」と言って出てきただけなので、早く帰らなければとは思いながらも、結局は市街地から峠をいくつも超えてしまって、気が付けば広大な田園が広がる田舎町まで来てしまった。
 あぜ道に相棒を止めて、しばし休憩。その日は朝から曇り空だったけど、ここにきてようやく太陽が顔を出し、辺り一面の青々と実った稲に鮮やかなコントラストをつける。風が吹くと一帯に美しい青田波が立って、心に、体に心地よい。コロナによる外出自粛の影響で今年は冬も春もなかったけど、それでも季節は当たり前のように巡っていて、もうすぐ夏がやってくることを事を思い出した。

 「まぁ、次の車検までもう2年、よろしくな。」

 去年も、その前も同じようなことを言っていた気がする。
 なにわともあれ、相棒と過ごす10回目の夏が来た。

#5711

 ちなみに、このエンジニアブーツは22年目。
 革がひび割れ、縫い目もほつれ、ソールもすり減っているのだけど、修理に出すとひび割れ以外は直ってしまうから、何となく履き続けている。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/1557-68aab132