FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

嵐山(2)

Posted by yasu1995 on   4 comments   0 trackback

#2338



Leica M6/ノクトン35ミリ Kodak ProFoto XL100
2013.10

Comment

ケンケン says... ""
これは美しい・・・・
舞妓さんなんてTVで観る位ですからね
うん?これは撮影風景なんでしょうか?
光の当て方と良い、表情と良い、流石プロ!
2014.11.01 22:41 | URL | #rolxWucI [edit]
ケンケン says... ""
すみません、言い忘れました
この描写、たまらなく好きなんですが
ライカだから?それともレンズ?
このクラシック風・・・???上手い表現が出来ませんが
私もフィルムで、こんな感じを出せたらなぁ~と
2014.11.01 22:44 | URL | #rolxWucI [edit]
yasu1995 says... "Re: タイトルなし"
ケンケンさん、コメントありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。

京都では先斗町付近でよく見かけますが、みなカメラを交わすように足早に歩かれるので、僕もじっくり見たことはありません。
この方はたぶん本当の舞妓さんではないと思いますが、こんな風に着物を着た女性を撮影されているところによく遭遇しますね。

本当ですね。僕もこの方の写真が、どんなふうに仕上がったのか見てみたいなぁと思います。
2014.11.05 22:27 | URL | #- [edit]
yasu1995 says... "Re: タイトルなし"
ケンケンさん。

このレンズはコシナで、クラシック風の写りをしますが、どうなんでしょう。
ネガは多少オーバー気味に撮っても、ハイライトの諧調が粘るので、僕はいつも暗部をつぶさない為にオーバーで撮っています。
そのせいかもしれません。
2014.11.05 22:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/216-4ce34aef