FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

浦村の牡蠣

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2485

#2486

#2487

#2488

#2489

牡蠣で有名な鳥羽市浦村。
パールロード付近の脇にあちこちで「牡蠣食べ放題」の幟があがる。

その中で、後輩一押しのお店へと車を走らせた。

場所はかなり辺鄙なところで、「こんなところわかんねぇよ。」という場所だったけれど、ここを訪れるお客さんは結構多く、休日だとすぐに売れ切れちゃうんだとか。

僕と後輩は先に食べた、赤福の朔日餅と伊勢うどんで胃が持たれていたので、食べ放題にはせず、一つ100円の牡蠣をそれぞれ2つだけ注文した。

・・・んだけど、牡蠣を焼いていた漁師らしい男は僕らの注文を聞いてるのか聞いてないのか、どんどん牡蠣を焼き始めて僕らの皿に乗せていく。

「おいおい・・・。」と思いながら、結局僕らは200円でたらふく牡蠣を食べた。

「あのおっさん、完全に酔っぱらってますね。」
うれしい誤算だと言わんばかりの、にこやかな顔で後輩は言った。

よく見ると、牡蠣を焼くおっさんの手には、ビール缶がしっかりと握られていた。



Leica M6/ズマール5センチ Kodak Tri-X
三重・鳥羽市 2013.2

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/280-65eaef24