FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

蔵王・磐梯山に行ってきました。その3

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2803

夜中に強烈な雨と雷に悩まされた、その翌日。
雷は止みましたが、雨脚は弱くなるどころか増す一方でした。
この日は磐梯山へと向かう予定でした。

ただ、白石市から国道4号線を走っても面白くなさそうだったので、

→エコーラインを引き返し、羽州街道を通過
→いかにも酷道といったラインを描く399号線を福島市内へと走り、
→そこから福島市内をエスケープしてフルーツラインから磐梯吾妻スカイライン

へと入っていく事にしました。

4号線を真っ直ぐ走ることに比べると結構なタイムロスですが、地図上で見る羽州街道や399号線のラインは「絶対に楽しいぞっ」て気がしたんですよね。
旅を楽しむのに、時間や距離を短縮することはさして重要ではありません。
大切な事は、「いかに旅を演出できるか」です。

日々の生活では合理性ばかりを重視して、無駄な時間はなるべく省こうとしますから、こういう時だからこそ、気の向くまま、足の向くままに行動したいですね。

#2804

#2805

悪天候の中、エコーラインを引き返すと、辺りは霧に包まれて何も見えず、路傍の花も強風に揺れ続けていました。
そんな中でも防滴防塵のOM-Dのおかげで、安心して写真を撮る事が出来ました。
買ってよかった・・・。

#2806

羽州街道のとある集落で。
スコールのような雨が降っていたので、一時避難した時の一枚。
合羽の内ポケットに入れていたタバコも浸水。

(これの何が楽しいんだって声が聞こえてきそうだ。)

#2807

田園地帯を貫く羽州街道は、とても絵になる景色が多く、何度もオートバイを停めて写真を撮りました。



OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
2015.7

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/425-022e1f91