FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

蔵王・磐梯山に行ってきました。その5

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#2813

磐梯山吾妻スカイラインの途中で。
雨は降ったり止んだりでした。時折オートバイを路肩に停車して写真を撮っていましたが、風が強く、停車時にはすごく気をつかいました。

#2814

このあたりでオートバイの異変に気づきました。
少し前からロー、ニュートラルが入りにくいなぁとは思っていたのですが、本格的にシフトダウンができなくなっていました。

#2815

浄土平です。
荒涼とした景色の中に、うねるように道が続いています。
初めてここを訪れたのはもう10年以上前でしたが、その時と同じように独特なこの景色には圧倒されました。
天気さえよければいう事なしだったのですが・・・。

#2816

吾妻小富士です。
スカイラインの途中にある駐車場から少し歩けば、すぐに山頂に達します。
天気さえよければ先の浄土平も拝めそうでしたが、眼下は霧に覆われ眺望は得られず。

#2817

後は冒頭でお話しした通り、シフトダウンがままならない状態でスカイラインを会津若松方面へ下山しました。
市内を走り回りながら、修理してくれるバイク屋さんを探しましたが、この手のオートバイを修理出来るところは限られていて、なかなか探し当てる事ができず、いたずらに時間ばかりが過ぎていきました。

結局、二時間以上走りまわってようやく修理できるバイク屋さんを見つけたものの、「トランスミッションの故障である可能性が高く、部品交換が必要だと思われるが、すぐに入手できないので、今すぐには修理は不可能。」だと言われてしまい・・・。

この旅は中断せざるを得なくなりました。

気が付けば日は暮れ始めていたので、この日は喜多方のYHに宿泊。
次の日、朝一番に高速に飛び乗って、700kmの距離をひたすら走り続けることになりました。


蔵王・磐梯山に行ってきました。(了)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/427-0e4ac175