FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

越前大野(3)

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3074

#3075

#3076

#3077

#3078

名水の町、越前大野。
近年では雲海に浮かび上がる天空の城、越前大野城が世間を賑わせています。
その越前大野城のふもとに広がる城下町を散策してきました。

綺麗に整備された七軒通りやいくつもの寺が密集する寺町通りを歩いた後は、お決まりの路地裏散策。
観光道路として整備された七軒通りとは違って、廃れた家屋やお店がいくつも見られて地方の過疎化を目の当たりにしながらも、そのフォトジェニックな被写体に、やっぱりシャッターを切らずにはいられませんでした。

どうでもいいことですが、大野の町はやたらと美容院、理容室が多かったような気がしました。きれい好きの方が多いのかな?

大野に出かけた日は今年最大の寒波がやってくると予測された前日でしたが、大野の天気は既に雪マークでした。
僕は雪景色が撮りたくて、大野までやってきました。
吹雪の中でも撮れるようにとOM-Dを持ち出したのですが、散策中は雪が降りませんでした。
夕方まで待ってみたのですが、やっぱり降りそうな気配はなく、後ろ髪をひかれる思いで大野の町を後にしました。

翌朝、出勤前にTVを見ながらパンをかじっていると、TV画面には夜から降り積もった雪で真っ白になった大野の街並みが写っていました。

越前大野(了)



RICOH GXR/ノクトンクラシック35ミリ
OLYMPUS OM-D EM-1/ズイコーデジタル12-40ミリ
2016.1

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/525-b9226b9c