FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

ON THE ROAD 6

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3197

2009年の夏。

夏季休暇を利用して四国をオートバイで周った。
4泊5日のツーリングは初日から雨に降られ、その後もずっと雨続きで散々だった。

最後の夜に道後温泉近くのビジネスホテルに荷を解いた。
3階の部屋の窓から雨が上がったのを確認すると、カメラだけを持って辺りを散策。
久しぶりに訪れた道後温泉は、本館の周囲で再開発が進んでいて、初めて来た時に受けた印象と大きく変わってしまっていた。

つまらなくなった街並みに見切りをつけ、ビジネスホテルへと戻る途中、路面電車が走っていたので何気に一枚シャッターを切った。
液晶で確認するとなかなかうまく撮れていた事に欲が出て、もう少し撮る事に。

夜も21時を回り、閑散とした路上。暗闇の中に煌々と浮かぶ自販機で買った冷たい缶コーヒーと煙草を持って、ガードレールに腰掛ける。時々やってくる路面電車を見ては、夢中になってシャッターを切った。

雨上がりの濡れた路面が徐々に乾いていくと、途端に湿気が体にまとわりつく。雨上がりの路上の匂いは、旅の名残りを感じさせた。


全く悪くない夜だった。



RICOH GRDⅡ
愛媛・松山 2009.7

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/571-ca3feb0d