FC2ブログ

旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

砂丘を駆ける

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#3479

10月初旬に家族で鳥取砂丘に行った。
初めてみる砂丘の規模の大きさに、長男も次男も喜び、裸足で駆け回ってた。

その姿を傍で眺めながら、嫁さんが「学生の頃にも一度二人で来たね。」と言った。

嫁さんに言われるまで僕はすっかり忘れていたのだけど、こうして僕らが家族を形成し、再びここに訪れる事になるなんて、あの頃の僕は想像だにしなかった。

散々走り回って、砂で汚れた長男と次男の足を払ってやると、二人の足は鼻がひん曲がりそうになるほど臭かった。


RICOH GXR/フォクトレンダー ノクトンクラシック35ミリ
鳥取砂丘 2016.10

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/688-118d331f