旅とカメラとオートバイと

旅の悦楽

僕にとって旅とは悦楽だ。通信機器、移動手段が著しく発達した現代において、もう旅なんて呼び方は大げさなのかもしれない。それでも金泉寺や仁摩で出会ったおじさん達、長岳寺で僕の足元から離れようとしなかった野良猫、桜島フェリーの上で、少女と交わした視線。彼らと共有した時間は僕だけのものだ。もしかしたら誰が一度物語を完結させたのかもしれないその場所で、再び僕らが繰り広げるそれそのものが、僕にとっての「旅の悦楽」なのであります。

仏間

Posted by yasu1995 on   0 comments   0 trackback

#4170

参加している誰もが、その会議の事を、長いだけで意味のない無駄なものだと思っている。

「早く終わんねぇかな。」と読む気もない資料に目を落としていると、いつも長いものには巻かれろ的なスタンスの後輩が、半分キレ気味に、司会者にこの会議の意味を問うた事にビックリ。

結果は、全く彼の言った意味をこれっぽっちも理解できない頭の悪い司会者と主催者の上司に、むちゃくちゃな意見で論破され、あえなく撃沈。

だけど、他のみんなは、心の中でキミに拍手喝采だったと思うよ。



RICOH GXR/Ai Nikkor35mmF1.4S

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasu1995.blog.fc2.com/tb.php/884-8e923f60